国盗り物語(一)(新潮文庫)

司馬遼太郎

825円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    世は戦国の初頭。松波庄九郎は妙覚寺で「知恵第一の法蓮房」と呼ばれたが、発心して還俗した。京の油商奈良屋の莫大な身代を乗っ取り、精力的かつ緻密な踏査によって、美濃ノ国を〈国盗り〉の拠点と定めた! 戦国の革命児斎藤道三が、一介の牢人から美濃国守土岐頼芸の腹心として寵遇されるまでの若き日の策謀と活躍を、独自の史観と人間洞察によって描いた壮大な歴史物語の緒編。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード