レイカ 警視庁刑事部捜査零課

著者:樹のえる

693円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    警視庁刑事部に配属となった若き刑事、大和。彼が足を踏み入れたのは刑事部捜査零課。そこは、組織から弾かれたアウトローの刑事ばかりが集められた部署。 デスクのそばに置いた盆栽に語りかける昼行灯の羽佐間警部、ソファでくつろぎながらスマホゲームに熱中する春日警部補、ほとんど刑事部屋に戻ってこない陣内巡査部長。個性的な刑事たちの中でも、音無レイカは、驚くべき才能をもつ女性刑事だった――。 心に深い傷を負った美しき女刑事レイカと、正義感あふれる大和刑事。陰惨で哀しい殺人事件に遭遇する彼らが、凶悪な犯人を追いつめていく。

    続きを読む

    レビュー

    3
    8
    5
    0
    4
    3
    3
    3
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2017/11/16Posted by ブクログ

      仮面の下にはどんな顔があるのか?仮面をかぶることで自分を保つ事が出来るレイカ。仮面を脱ぐ日は来るのか?

    • 2017/05/20Posted by ブクログ

      死体アレルギーの主人公が出会ったのは
      人の顔をコピーしてしまう刑事。

      連続短編で、仕事をしてなさそうな同僚や上司だけれど
      能力はある、という部署。
      能力以外は、ごく普通(?)の職場です。
      主人公…は...

      続きを読む
    • 2017/03/19Posted by ブクログ

      死者の顔を完璧にコピーできる女刑事と死体アレルギーの刑事という組み合わせは面白い。
      しかし印象は劣化版「探偵の探偵」といったところ。
      名前も似ているからこそ、そう思ったのかもしれない。

      海外ものの多...

      続きを読む
    開く

    セーフモード