太宰治全集(9)

太宰治

1,045円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    昭和21年11月、太宰は三鷹の旧居に帰ってきた。当時ジャーナリズムは、未曽有の賑わいを呈していた。太宰はジャーナリズムの寵児として華やかな脚光を浴びたが、けっして濫作はしなかった。1日の執筆量はほぼ5枚、ひとつひとつの作品に精魂を打ち込み、太宰文学を代表する幾多の名作がこの時期に生まれた。母父女神フォスフォレッスセンス朝斜陽おさん犯人饗応夫人酒の追憶美男子と煙草眉山女類渡り鳥桜桃家庭の幸福人間失格グッド・バイ

    続きを読む
    • 太宰治全集 全 10 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      太宰治全集 全 10 巻

      9,515円(税込)
      95pt獲得

    レビュー

    • 2009/06/18Posted by ブクログ

      母、父、女神、フォスフォレッスセンス、朝、斜陽、おさん、犯人、饗応夫人、酒の追憶、美男子と煙草、眉山、女類、渡り鳥、桜桃、家庭の幸福、人間失格、グッド・バイ収録。
      斜陽、犯人、饗応夫人、眉山、桜桃、家...

      続きを読む
    • 2009/09/07Posted by ブクログ

      「傑作を書きます。大傑作を書きます。日本の『桜の園』を書くつもりです。没落階級の悲劇です。もう題名は決めてある。『斜陽』。斜めの陽。『斜陽』です。どうです、いい題名でしょう。」

      この言葉の通り、『...

      続きを読む
    • 2007/12/17Posted by ブクログ

      太宰文学が最高に精錬された終期の作品集。
      「人間失格」「斜陽」はもちろん、短編の完成度は「眩しい」とさえ感じるわ。
      とくに「おさん」と「フォスフォレッスセンス」は神!
      07.12.17

    開く
    [{"item_id":"A000396773","price":"1045"}]

    セーフモード