宗教学の名著30

島薗進

756円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    宗教学は経験科学の発達を背景としてヨーロッパで誕生した歴史の短い学問である。近代人は宗教に距離を取りながらも人類が宗教を必要としてきた理由を理解し、時に知的反省を加えてきた。本書は古今東西の知から宗教理解、理論の諸成果を取り上げ、現代人にとっての「宗教」の意味を考える決定版ブックガイドである。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード