ナオミとカナコ

著:奥田英朗

790円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    望まない職場で憂鬱な日々を送るOLの直美は、あるとき、親友の加奈子が夫・達郎から酷い暴力を受けていることを知った。その顔にドス黒い痣を見た直美は義憤に駆られ、達郎を排除する完全犯罪を夢想し始める。「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」。やがて計画は現実味を帯び、入念な準備とリハーサルの後、ついに決行の夜を迎えるが……。

    続きを読む

    レビュー

    4.1
    29
    5
    10
    4
    15
    3
    2
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/08/05Posted by ブクログ

      途中で結末を推理しつつ、まんまと外れた。日本の警察は優秀だし、これはファンタジー小説ではなかったのだ。最後は息が止まる思いで読み切った。主人公と同じく息切れした。面白かったわ〜。

    • 2019/06/25Posted by ブクログ

      ここ数日、富田林や仁川へと動くことが多かったので読む時間は取れたのだけど、550余頁ある本を持って歩くのはちと辛かった。
      それにあんまり面白くなかったんだよなぁ。
      夫からのDVを受けるカナコを見かねた...

      続きを読む
    • 2019/05/01Posted by ブクログ

      大学時代の友人である主人公の2人のナオミとカナコ。DV旦那と結婚したカナコを救おうと翻弄するナオミ。そこからストーリーは、スタートする。印象の悪い中国人女性経営者、チャイナタウン、華僑など読者に胡散臭...

      続きを読む
    開く

    セーフモード