霧越邸殺人事件(上)<完全改訂版>

著者:綾辻行人

561円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

信州の山中に建つ謎の洋館「霧越邸」。訪れた劇団「暗色天幕」の一行を迎える怪しい住人たち。邸内で発生する不可思議な現象の数々…。閉ざされた“吹雪の山荘”でやがて、美しき連続殺人劇の幕が上がる!※本書は一九九五年二月刊行の新潮文庫版を全面的に改訂した〈完全改訂版〉が底本です。

続きを読む

レビュー

3.5
14
5
1
4
7
3
5
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2018/12/25Posted by ブクログ

    ミステリーと少しオカルトな雰囲気を混ぜ合わせていて、どう下巻へと展開していくのかが気になる。
    白秋の詩は、ちょっと世代的によくわからないが。

  • ネタバレ
    2017/08/06Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2016/01/03Posted by ブクログ

    綾辻先生の初期の作品の改訂版らしいが、初期でももうこれだけの作品を作られていたのか・・・・と圧倒された。

    まだ半分しか読んでいないが、引き込まれ方が半端ない。

    本格的ミステリも凄いのだが、文章の上...

    続きを読む
開く

セーフモード