霧越邸殺人事件(下)<完全改訂版>

著者:綾辻行人

604円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    外界から孤立した「霧越邸」で続発する第二、第三の殺人…。執拗な“見立て”の意味は?真犯人は?動機は?すべてを包み込む“館の意志”とは?緻密な推理と思索の果てに、驚愕の真相が待ち受ける!※本書は一九九五年二月刊行の新潮文庫版を全面的に改訂した〈完全改訂版〉が底本です。

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    21
    5
    3
    4
    11
    3
    5
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/22Posted by ブクログ

      遂に綾辻作品最高傑作ともされる霧越邸を読むことができて大変満足。
      館シリーズのように霧越邸という建築物そのものが異常な存在感を放ち、そしてそこで起こる怪奇幻想色の強いある種の暗合はこの場でしか成立し得...

      続きを読む
    • 2019/01/31Posted by ブクログ

      宮内悠介氏の解説にある「『すべてが合理的に解決できる世界』における『幻想』とはなんだろうか」という問いが本作の本質をよくついているなあ、と思いました。

    • 2018/07/08Posted by ブクログ

      生への執着を描く本格ミステリと死への憧れを描く幻想小説の融合。混沌と調和。矛盾する二つの世界観を合わせた綾辻行人の幻想ミステリ。雪山の荘厳な館。来訪者の訪れとともに“動く”不思議な館。閉ざされた舘で起...

      続きを読む
    開く

    セーフモード