応天の門 10巻

灰原薬

594円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

源融の宴に呼ばれた道真は、庭園で藤原基経と遭遇する。そこで基経の口から、兄・吉祥丸の名を聞いてしまうが……!? 兄・吉祥丸と基経の繋がりとは、そして、業平が持ち込んだ事件をきっかけに、道真の前にまたひとつの「出逢い」が訪れる――最強バディが紡ぐ、平安クライム・サスペンス、出逢いが紡ぐ第10巻!!

続きを読む
  • 応天の門 全 12 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    応天の門 全 12 巻

    6,710円(税込)
    67pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2020/04/16Posted by ブクログ

    基経の過去が垣間見える話がありました。
    キツネめ!と思って嫌いだったのですがもしかして彼なりに思うところとか傷があるのかな?と思わされました。

    それにこの時代の京都にも外国人がいたんですね。
    意外と...

    続きを読む
  • 2019/08/31Posted by ブクログ

    業平は大人だねぇ。
    この頃は大人になるのが早かったとはいえ、40になっても普通こうはならんやろ。といった益荒男ぶり(時代が時代だけにややこしい)。
    というか、桓武天皇の孫なんだな。んで和歌の才能があっ...

    続きを読む
  • 2018/12/26Posted by ブクログ

    初めて見る、中国人ではない「外国人」に出会う道真。天竺より先、見たことのない世界。新しい事に期待してしまう10 巻。

開く
[{"item_id":"A002097177","price":"594"}]

セーフモード