誰が本当の発明者か 発明をめぐる栄光と挫折の物語

志村幸雄

1,034円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    発明の歴史は「人と金と裁判の歴史」だった。技術開発史を彩る発明者たちの本家争い。●エジソンは白熱電球の25番目の発明者!?●ワットは単なる改良家!?●アークライトは発明の盗人!?●2時間差でベルに敗れた男とは!?●高峰譲吉はなぜ「発明者」になれなかったか!?●青色発光ダイオードの本当の発明者に決着!?赤埼勇、天野浩、中村修二――2014年のノーベル物理学賞の受賞で世界が認めた!世界を変えた偉大な20の発明の謎に迫る!

    続きを読む

    レビュー

    2.7
    4
    5
    0
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2014/10/07Posted by ブクログ

      Asian Reading アジアの活読

      「誰が本当の発明者か」 志村幸雄 ブルーバックス

      数時間の差が運命の分かれ目、電話のベルとグレイの争いは有名だけれど
      頑張れニッポン、炭素繊維に電卓、光フ...

      続きを読む
    • 2012/01/07Posted by ブクログ

      特許の重要性を認識することを目的に読みました。
      特許の歴史ってかなり深いんだということを知りました。かのリンカーンが特許申請していたとは。

      あと、この手の本を読むほどエジソンのイメージが崩れていきま...

      続きを読む
    • 2010/05/24Posted by ブクログ

      [ 内容 ]
      エジソンは白熱電球の25番目の発明者!?
      ワットは単なる改良家!?
      アークライトは発明の盗人!?
      技術開発史を彩る発明者たちの本家争い。

      [ 目次 ]
      序章 なぜ発明者の特定がむずかし...

      続きを読む
    開く

    セーフモード