ショパン 名作曲楽譜シリーズ10 バラード第1番~第4番 Op.23/Op.38/Op.47/Op.52

ショパン

378円(税込)
ポイント 3pt

通常ポイント:3pt

購入へ進む

カゴに追加

ショパンは4曲のバラードを作曲した。最初のバラード(譚詩曲)となるOp.23は作曲家初期の代表作となっている。パリ滞在中の1831年から1835年に作曲、1836年に出版された。2曲目となるOp.38は1839年に完成され、ロベルト・シューマンに献呈されている。第1番、第2番ともにシューマンに献呈されたが、シューマンは第1番のOp.23を絶賛したと言われている。3作目のOp.47は、1840年から1841年夏にかけて作曲され、1842年に出版された。前作の第1番、第2番のような激しい曲想は見られないが、これには当時のフランス社会の求める雰囲気が凝縮されていると言えるのだ。そしてバラード第4番ヘ短調Op.52は、彼の作曲技法が尽くされており、もっとも演奏困難とされる作品でもある。ショパンのピアノ作品の中でも傑作の一つとして数えられ、最高傑作とする評価もあるほどなのだ。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード