女の子は、明日も。

著:飛鳥井千砂

627円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    略奪婚をした専業主婦の満里子、女性誌編集者の悠希、不妊治療を始めた仁美、人気翻訳家の理央。元同級生達は再会を機にそれぞれの悩みに向き合うことになる。前妻への罪悪感、要領のいい後輩への嫉妬、妊娠できない焦り、好奇の目に晒される戸惑い――。華やかな外見に隠された女性同士の痛すぎる友情と葛藤、そしてその先をリアルに描く衝撃作。

    続きを読む

    レビュー

    3.9
    19
    5
    4
    4
    10
    3
    5
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/26Posted by ブクログ

      女同士だからってどろどろしてなくて、みんなが抱えそうな気持ちを心地よいテンポで書いてある。
      自分からみたら、あの人はいろいろ手にしてていいなぁって思うかもしれないけど、その人もいろいろ悩んでるかもしれ...

      続きを読む
    • 2019/05/21Posted by ブクログ

      女性同士の結びつきが難しいという言葉だけで表せるほど単純なものではないと改めて感じた。
      境遇の違った同級生4人の女性が互いに感じる思いは、女性なら誰しも共感できる部分があると思った。
      つい感情移入して...

      続きを読む
    • 2019/02/09Posted by ブクログ

      略奪の末医師の妻となった、満里子。真面目に仕事をするが、なかなか企画が通らない。直ぐに生理休暇をとる後輩は企画が通る。モヤモヤしちゃう悠希。なかなか子どもが出来ず、不妊治療を始めるがなかなか上手くいか...

      続きを読む
    開く

    セーフモード