コンピュータが仕事を奪う

著:新井紀子

1,676円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    あなたが今日している仕事は、明日になればコンピューターでもできる仕事かもしれない。社会はどう変わるのか、私たちはどうすればよいのか――。数学と情報学の視点から、誰も指摘しなかった未来を読み解く。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    72
    5
    15
    4
    34
    3
    20
    2
    2
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/12/21Posted by ブクログ

      良書。
      的確に、解りやすく工夫しておられる。
      コンピューターに出来ること、出来ないこと。不得意なこと。
      人間がこれからすべき事。
      数学が大事な事。
      にしても、先が読めない。これから何をすべきか。
      どう...

      続きを読む
    • 2019/10/11Posted by ブクログ

      表題通り。

      コンピュータが進歩してきて、
      人間が取って代わられる、という危機について、
      具体的な近況を紹介している。
      さらに、
      コンピュータに代わられる仕事とそうでないものの違いを分析する...

      続きを読む
    • 2019/09/14Posted by ブクログ

      Aiやコンピュータが不得意で人間しかできないものは、仕事として残る。
      その内、誰でもできる仕事は、最低の賃金しか貰えないものになる。
      ホワイトカラーの仕事の真ん中が、aiに取られ、上と下に分断される。...

      続きを読む
    開く

    セーフモード