太陽の子

著者:灰谷健次郎

726円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    ふうちゃんが六年生になった頃、お父さんが心の病気にかかった。お父さんの病気は、どうやら沖縄と戦争に原因があるらしい。なぜ、お父さんの心の中だけ戦争は続くのだろう? 著者渾身の長編小説!(C)KAMAWANU CO.、LTD.All Rights Reserved

    続きを読む

    レビュー

    4.5
    156
    5
    101
    4
    38
    3
    16
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/08/20Posted by ブクログ

      灰谷健次郎の本はほとんど読んでいたけどこれだけは何故か読んでなくて、やっと読んだ
      正直こわかった、何度も鳥肌がたった
      自分は何も知らなかったんだなと、読んだ後なんかからっぽになる
      もっと前、小学生とか...

      続きを読む
    • 2019/05/27Posted by ブクログ

      中学生ぶりに読んだ。
      やっぱり本当にいい本だった。
      命の重みを知るならば、一つの命を心から愛することだと改めて教えてもらった。

    • ネタバレ
      2019/05/21Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード