【最新刊】太陽の子

太陽の子

著者:灰谷健次郎

726円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ふうちゃんが六年生になった頃、お父さんが心の病気にかかった。お父さんの病気は、どうやら沖縄と戦争に原因があるらしい。なぜ、お父さんの心の中だけ戦争は続くのだろう? 著者渾身の長編小説!(C)KAMAWANU CO.、LTD.All Rights Reserved

    続きを読む
    提供開始日
    2014/08/29
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 1巻2019/11/13Posted by ブクログ

      悲しみ、苦しみ、真っ向から生きることのあり方を問いかけてくるような力作です。
      どんな人にも読んでほしい。
      最後まで読みきり、この本に書かれた悲しみが、胸にぎゅーっと刻み込まれてしまった。
      でも、その悲...

      続きを読む
    • 1巻2007/08/27Posted by ブクログ

      ふうちゃん、梶山先生のようにわたしたちは歴史的な出来事を記憶することではなくて、そこから事実を知り、考えて、自分の生活に生かさなければならない。沖縄の歴史、「1972年沖縄返還」そんなこと知っていても...

      続きを読む
    • 1巻2014/09/25Posted by ブクログ

      中学生の時に初めて読んで衝撃を受けて、それ以降事あるごとに読み返しているこの本。

      ふうちゃんやその周りの登場人物が、とても素敵に生き生きと描かれている分、それぞれの抱える心の傷や優しさが、まっすぐ心...

      続きを読む
    開く

    セーフモード