殺人鬼 ――覚醒篇

著者:綾辻行人

748円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    90年代のある夏、双葉山に集った〈TCメンバーズ〉の一行は、突如出現した殺人鬼により、一人、また一人と惨殺されてゆく……いつ果てるとも知れない地獄の饗宴。その奥底に仕込まれた驚愕の仕掛けとは?

    続きを読む

    レビュー

    3.2
    71
    5
    5
    4
    23
    3
    30
    2
    9
    1
    4
    レビュー投稿
    • 2019/10/05Posted by ブクログ

      ああ、グロかった…。グロいのが苦手な私にはこれぐらいでも結構きついものがあった…。でもオチが気になって読み進めてしまった。途中で「もしや…」と気付いた通りのオチだったけれど巧妙に伏線が張られていてパッ...

      続きを読む
    • 2019/07/27Posted by ブクログ

      綾辻さんの本を何冊か読んでみて、ああ、この人の小説はミステリ要素とホラー要素の配合で出来てるんだな、と何となく思いました。
      ちなみにこの小説の場合は、ミステリ:ホラー=1:9て感じ。ほとんどホラー要素...

      続きを読む
    • 2018/10/08Posted by ブクログ

      血飛沫を浴びせられ、激痛を伴うような殺戮劇の描写。幾度となく、無情な生と死の狭間に追い込まれ、一気に終幕へと導かれた。

    開く

    セーフモード