14歳の子を持つ親たちへ(新潮新書)

内田樹/名越康文

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    いったいこの時代に子を持つというのはどういうことなのか。「子どもたちの暴走」にどう対処すればいいのか……。思春期の子どもたちと日々向き合う精神科医と、「成熟」や「学び」について考えつづける仏文学者が徹底的に語り合う。役割としての母性、「子どもよりも病気な」親たち、「ためらう」ことの大切さ、脳と身体の関係など、意外な角度から親子の問題を洗いなおす。少しだけ元気の出る子育て論。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード