洪水はわが魂に及び(上)(新潮文庫)

大江健三郎

615円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    50種の野鳥の声を識別する知恵遅れの幼児ジンと共に、武蔵野台地の核避難所跡に立て籠り、「樹木の魂」「鯨の魂」と交感する大木勇魚(いさな)。世界の終末に臨んでなお救済を求めず、自らの破滅に向って突き進む「自由航海団」の若者たち……。世代を異にする両者の対立・協同のうちに、明日なき人類の嘆きと怒り、畏れと祈りをパセティックに描いて、野間文芸賞を得た渾身の純文学巨編。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード