物を売るバカ 売れない時代の新しい商品の売り方

著者:川上徹也

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    売れない時代に物やサービスを売るためには、物ではなく物語を語ることで「独自化」「差別化」していくこと。「物を売らず物語を売る」方法を、ストーリーブランディングの第一人者である著者が伝授する。

    続きを読む
    • 物を売るバカ 全 2 巻

      未購入巻をまとめて購入

      物を売るバカ 全 2 巻

      1,760円(税込)
      17pt獲得

    レビュー

    3.6
    28
    5
    6
    4
    7
    3
    14
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/04/19Posted by ブクログ

      題名は極端なのだが、一貫している主張は、商品のストーリー性の重要性。この主張は、自分自身も常日頃から感じている事だったので、非常に納得のいく内容。どんな料理でも、そのウンチクで価値が変わる。それは、そ...

      続きを読む
    • 2018/12/01Posted by ブクログ

      ただ売るだけでは売れない時代。
      その商品の、制作サイドしか知らないストーリーを伝えたほうが、売れるという話。
      確かに客がそのストーリーに感動したら商品が魅力的に映るだろうけど、逆にストーリーを発信して...

      続きを読む
    • 2018/10/11Posted by ブクログ

       小売において重要な示唆を含む72の販売実例をもとに、販売促進で「エモ」、感情的な消費を目的にせよ、と説く一冊。
       小売において安さ、実用性、利便性や知名度は重要だ。それは競争力になる。けれども、その...

      続きを読む
    開く

    セーフモード