【最新刊】物を売るバカ2 感情を揺さぶる7つの売り方

物を売るバカ

2冊

著者:川上徹也

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ●感情を揺さぶる7つの要素「エモ売り7」を徹底解説体験(Experience)/心動く(Moved)/世界観(Outlook on the world)/共創・協創(Together)/インスタ映え(Instagenic)/ここにしかない(Only one)/懐かしい(Nostalgia)●感情で売れたヒット事例を70以上掲載! 本書で紹介されている事例の一部・眠っている間に「キレイになれる」バス・並んでまで食べたくなった「福岡の至宝」・新潟の錆びたバラック長屋はなぜ人気スポットになったか・40代男性に熱狂的なファンが多い「風で織る」タオル・地味な羊羹がグッドデザイン賞でブレイク・漁師が1年穿いたジーンズが新品の倍の値段に・日本一「懐かしい」を売りに再生した遊園地

    続きを読む
    提供開始日
    2018/10/06
    連載誌/レーベル
    角川新書
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    3.6
    30
    5
    6
    4
    8
    3
    15
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/04/19Posted by ブクログ

      題名は極端なのだが、一貫している主張は、商品のストーリー性の重要性。この主張は、自分自身も常日頃から感じている事だったので、非常に納得のいく内容。どんな料理でも、そのウンチクで価値が変わる。それは、そ...

      続きを読む
    • 2019/03/14Posted by ブクログ

      物語を。エモーショナルに 売れ。
      って感じをいくつもの例を並べて。
      大きく7つの切り口で。
      実際 物を売るにはよっぽどの物でもない限り
      人々に響かない現代だもんね。
      売りたければこの本 手元において
      ...

      続きを読む
    • 2018/12/01Posted by ブクログ

      ただ売るだけでは売れない時代。
      その商品の、制作サイドしか知らないストーリーを伝えたほうが、売れるという話。
      確かに客がそのストーリーに感動したら商品が魅力的に映るだろうけど、逆にストーリーを発信して...

      続きを読む
    開く

    セーフモード