月に吠えらんねえ 9巻

清家雪子

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    萩原朔太郎作品をキャラクター化した「朔くん」、北原白秋作品から生まれた「白さん」、室生犀星作品から生まれた犀ら、近代の詩人歌人たちが住む□街の天上松に宿った縊死体の謎を解くため、朔くんは小説街の「龍くん」に再会する。龍くんは真相を小説家の論理力で組み立てようとする。一方、天上松に宿ったもうひとつの何かと対面した白さんは……。近代詩歌俳句闇鍋的ジェットコースター、最新9巻の発売です!

    続きを読む
    • 月に吠えらんねえ 全 11 巻

      未購入巻をまとめて購入

      月に吠えらんねえ 全 11 巻

      7,370円(税込)
      73pt獲得

    レビュー

    4
    2
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/02/03Posted by ブクログ

      「小説街も…同じになったらどうなのかな」
      「死のない街に? それじゃ僕は…」
      「龍くん
      おれだってきみに死んでほしくないよ
      きみが消えたがってるおれを励ましてくれるように
      おれだって…死にたくなる前の...

      続きを読む
    • 2018/12/31Posted by ブクログ

      近代とは、あの時代とは何ぞやを問いかける。
      やはりこの時代にこの漫画を読める幸せを、我々は噛みしめなければならない。

    • 2018/09/23Posted by ブクログ

      「君を偉大な詩人たらしめているのはどこまでも一人ぼっちのその閉じた世界だ」「あてどない恋慕と底なしのさみしさこそが君じゃないか」「あの時代の若者は皆同じ病にかかっていた 近代という疾患さ」「社会の敗残...

      続きを読む

    セーフモード