月に吠えらんねえ 2巻

清家雪子

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

□(シカク:詩歌句)街。そこは近代日本ぽくも幻想の、詩人たちが住まう架空の街。実在した詩人の自伝ではなく、萩原朔太郎や北原白秋らの作品から受けた印象をキャラクターとして創作された、詩人たちと近代日本の業と罪と狂気の物語。衝撃的な内容で話題の1巻に続き、近代日本の闇へ踏み込む第2巻登場!

続きを読む
  • 月に吠えらんねえ 全 11 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    月に吠えらんねえ 全 11 巻

    7,370円(税込)
    73pt獲得

レビュー

  • 2014/11/11Posted by ブクログ

    よい文学を読み終えた時の虚無感、また己を直視せざるを得なかった時、見てはいけなかった他人の素顔を見せられた時の、孤独感。一巻は前者が強かったけれど、この二巻は後者のほうが効いたかな。ここにあるのは人間...

    続きを読む
  • 2014/11/05Posted by ブクログ

    白さんの子供の頃の話とか中也くんの話が印象に残った。
    白さんと朔くんの関係と複雑な世界観にもやもやしつつもそれが楽しい。
    それにしても比較的まともかと思ってた三好くんもやっぱりたいがいだった。
    犀もど...

    続きを読む
  • 2014/10/28Posted by ブクログ

    “「そのために君は自ら望んで心を病んでるんだろう?」
    「望んでません
    おれは健康になりたい…」
    「ほんとうの君は健康体なんだよ
    それをわざわざその太く立派な神経の保護膜を削ぎ落とし
    剥き出しにしてぶる...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A000336101","price":"660"}]

セーフモード