神去なあなあ日常

著:三浦しをん

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    平野勇気、18歳。高校を出たらフリーターで食っていこうと思っていた。でもなぜか三重県の林業の現場に放り込まれてしまいーー。携帯も通じない山奥!ダニやヒルの襲来!勇気は無事、一人前になれるのか……?四季のうつくしい神去村で、勇気と個性的な村人たちが繰り広げる騒動記!林業エンタテインメント小説の傑作。

    続きを読む

    レビュー

    3.9
    523
    5
    134
    4
    248
    3
    119
    2
    22
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/25Posted by ブクログ

      山の描写がとても素敵でした。山には神様がいる、本当にそう思える話でした。もう少し若ければ林業の仕事もいいかなと思った私は単純です。笑

    • 2019/09/21Posted by ブクログ

      三重県にある架空の「神去村」を舞台にした,いきなり林業に従事することとなった若者の物語.
      本人の承諾なしに連れて行かれて帰るに帰れないという現実では有りえない状況(大団円が一番有りえなさですが)も小説...

      続きを読む
    • 2019/09/18Posted by ブクログ

      私のいつも見ている日常とは全く違う世界だからか、風景描写を文字だけで想像するのが難しかった。私にはわからない、知らない綺麗な世界があるんだろうなと。腰を据えてじっと待つことが私は苦手だけどそうなりたい...

      続きを読む
    開く

    セーフモード