ツバキ 2巻

完結

押切蓮介

648円(税込)
ポイント 6pt

通常ポイント:6pt

舞(まい)と丑男(うしお)の姉弟は、両親を亡くし都会から祖母の郷里である切絵(きりえ)の里へ移り住む。しかし、村の淫らな因習とよそ者への差別は姉弟を容赦なく苛み、丑男の心は次第に壊れていく。偶然村を訪れた椿鬼(ツバキ)は、姉弟の境遇に気付いて救おうとするが……?純朴な少年が未曾有の大量殺人に至った経緯を活写する三部作『朧月夜』と、椿鬼自身の心に迫る『マヨイガ』──傑作2編を収録!

続きを読む
  • ツバキ 全 3 巻

    未購入巻をまとめて購入

    ツバキ 全 3 巻

    1,944円(税込)

レビュー

4.4
5
5
2
4
3
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2015/12/07Posted by ブクログ

    夜這いの習慣がある村での騒動と死んだ人間が現れる山小屋の話でした。 今巻も出てくる人が狂いまくっててとても良かったですが山小屋の件はなんかハートフルでした。

  • 2015/06/15Posted by ブクログ

    前半の兇烈な展開に呆然とし、これ次回のハードルきついぞと思ったらそこを足踏みしめてグイグイ登ってきた。凶も情も強いエネルギーで描ける作家に脱帽。

  • 2014/12/08Posted by ブクログ

    閉鎖的な里の古の風習、性は業を産み、妬み嫉みを産む。恐ろしきは山の怪ではなく人間だとわかる。
    椿鬼は性ではなく生に対し前向きで堂々たる女丈夫だ、山と人を愛し守り今日も椿鬼は生きていく。あ、ちなみに生娘...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード