スティーブ・ジョブズ 5巻

ヤマザキマリ 原作:ウォルター・アイザックソン

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

アップルで地盤を失いつつあった頃、ジョブズはビジネスの上で、新たなテクノロジーとアーツとの融合を導こうとしていた。そして、その後アップルを追放されるとNEXTやピクサーで活躍する。仕事では苦しい時期だったジョブズだが、私生活では結婚し、家庭を手に入れていた。一方、ジョブズを追放したアップルも危機に直面していた。そして、ついには追放したジョブズに救いの手を求める。そこで、ジョブズが下した決断は…!?

続きを読む
  • スティーブ・ジョブズ 全 6 巻

    未購入巻をまとめて購入

    スティーブ・ジョブズ 全 6 巻

    3,888円(税込)
    38pt獲得

レビュー

5
1
5
1
4
0
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2018/10/13Posted by ブクログ

    第5巻です。
    この巻では、ピクサー買収、アップルへ復帰、ジョナサン・アイブ登場、そして初代 iMac 登場までが描かれます。
    ピクサーは色々ありましたが、結局成功したと言えるでしょう。一方ネクストはネ...

    続きを読む
  • 2016/12/02Posted by ブクログ

    第二の奇跡の時代。面白くないはずがない!場面を、極力抑えたトーンで(むしろジョブズ個人の辛さを交えて)事実のスケッチとして描くことで生まれるリアリティ。これが現実に起こった!と思わせる筆致。

  • 2016/08/21Posted by ブクログ

    ジョブズの結婚、ピクサーでの日々、アップルへの復帰、人員整理、選択と集中、デザイン重視、Microsoftとの提携、業績の回復。iMacの登場まで描かれる。

セーフモード