おれたちの青空(おれのおばさんシリーズ)

佐川光晴

486円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    父が横領罪で捕まって一家離散、陽介が札幌の養護施設“魴ぼう舎(ほうぼうしゃ)”に移って二年が経つ。中学三年の陽介と施設の仲間たちは高校進学を前に、将来を見据えてそれぞれの選択を下すことになり――(「おれたちの青空」)。表題作のほか、魴ぼう舎を運営する恵子おばさんの若かりし日を描いた「あたしのいい人」、陽介の相方でスポーツ万能の卓也目線で語られる「小石のように」の二作品を収録。話題の青春小説。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード