修羅の門 第弐門 17巻

川原正敏

462円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ケンシン・マエダとの戦いの記憶を取り戻した陸奥九十九(むつ・つくも)は、再び「四門」を開き、四神「青龍」によって姜子牙(きょう・しが)を倒した――。THE APEX優勝、覚醒した「修羅」を満足させられる者は、この世には存在しないのか? そう問いかける羽生(はにゅう)つばさに対し、山田(やまだ)は二人の候補者を挙げる。海堂晃(かいどう・あきら)、そして片山右京(かたやま・うきょう)……九十九に敗れ再戦を待ち望む二人……そのどちらが挑戦者なのか!?

    続きを読む
    • 修羅の門 第弐門 全 18 巻

      未購入巻をまとめて購入

      修羅の門 第弐門 全 18 巻

      8,316円(税込)
      83pt獲得

    レビュー

    3.7
    4
    5
    1
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/14Posted by ブクログ

      そうだよね。最後は海堂晃だよね。でも、『その後』の片山右京が見られてとてもうれしかったのだ。そして、海堂晃がラスボスであることを証明して終わり。次巻でとうとう最後なのか。

    • 2015/08/09Posted by ブクログ

      次回でおわる。
      その前の静かなる始まり。

      海堂 対 九十九。

      終わるのか。「修羅の門」。
      終わったら「修羅の刻」を読み返したくなりそう。

    • 2015/07/22Posted by ブクログ

      前巻でさらりと出された種馬発言。
      そんなことをかるーくいっちゃうあたり、第弐門の登場人物はみんな狂言回しなんですね。

      種馬と、自分を卑下するかに言うのは、色で言えば白い、と評されるからなんでしょう。...

      続きを読む
    開く

    セーフモード