ぼくらの七日間戦争

著者:宗田理

704円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    1年2組の男子生徒が全員、姿を消した。河川敷にある工場跡に立てこもり、体面ばかりを気にする教師や親、大人たちへ“叛乱”を起こす!何世代にもわたり読み継がれてきた不朽のシリーズ最高傑作。

    続きを読む

    レビュー

    3
    8
    5
    1
    4
    1
    3
    4
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/08/15Posted by ブクログ

      文庫初版1985年のエンタメ小説。
      無論2019年では通用しない手も多いし、それを差し引いても話の都合が良すぎるきらいがないではない。
      が、なかなか面白かった。""解放区""計画にややためらいがありつ...

      続きを読む
    • 2019/04/09Posted by ブクログ

      「やんちゃ」という言葉を体現したような作品。これから中学生になる小学生くらいの子供達に読んでもらいたいし、自分がもし学校の先生だったら読書感想文の本に選びたい一冊。ライトノベルの走り……って言っても間...

      続きを読む
    • 2018/12/01Posted by ブクログ

      読み損ねていました。今でも人気があるのに納得です。
      上手く行き過ぎのところもありますが、この戦争を破綻せずに終了したのはすごい。

    開く

    セーフモード