図書館内乱 図書館戦争シリーズ(2)

著者:有川浩

726円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    図書隊の中でも最も危険な任務を負う防衛隊員として、日々訓練に励む郁は、中澤毬江という耳の不自由な女の子と出会う。毬江は小さいころから面倒を見てもらっていた図書隊の教官・小牧に、密かな想いを寄せていた。そんな時、検閲機関である良化隊が、郁が勤務する図書館を襲撃、いわれのない罪で小牧を連行していく――かくして郁と図書隊の小牧奪還作戦が発動した!?

    続きを読む

    レビュー

    4.3
    451
    5
    232
    4
    149
    3
    64
    2
    4
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2019/10/12Posted by ブクログ

      図書館戦争シリーズの外伝的な本その2。 本編では回収しきれなかったキャラクターにも焦点が当てられていて、より深くキャラクターのことを知れるような内容でした! 強がってばかりの柴崎が手塚には弱みを見せ、...

      続きを読む
    • 2019/07/28Posted by ブクログ

      シリーズで2番目に好き。
      柴崎エピソードは胸糞悪いシーンもたくさんだが、それ以上に柴崎手塚の恋がめちゃくちゃ良い。不器用カップル同士がついに結ばれるのが良い

    • ネタバレ
      2019/07/04Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード