図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1)

著者:有川浩

726円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    2019年(正化31年)。公序良俗を乱す表現を取り締まる『メディア良化法』が成立して30年。高校時代に出会った、図書隊員を名乗る“王子様”の姿を追い求め、行き過ぎた検閲から本を守るための組織・図書隊に入隊した、一人の女の子がいた。名は笠原郁。不器用ながらも、愚直に頑張るその情熱が認められ、エリート部隊・図書特殊部隊に配属されることになったが……!?

    続きを読む

    レビュー

    4.1
    440
    5
    182
    4
    165
    3
    87
    2
    6
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/12Posted by ブクログ

      本編に比べて恋愛成分多めですごくキュンキュンしちゃいました‼︎ ニヤニヤするシーンが多くて、外で読むのは難しいかもしれません笑 郁と堂上の純愛っぷりがとても可愛らしいです( *´▽`*)

    • 2019/08/09Posted by ブクログ

      図書館革命終了から、堂上夫妻となるまでの焦れったい日常を描いた作品です。
      別冊版はこれまでの図書館作品の中でも、特に登場人物達に重点を置いています。そのため非常に甘ったるい!(良い意味で)
      純増培養乙...

      続きを読む
    • 2019/07/03Posted by ブクログ

      当麻事件後から、図書館内での出来事を絡めたラブコメ要素強めの番外編。

      前巻でやっとくっ付いた郁と堂上のその後のラブラブっぷりが満喫出来ました!
      付き合っても隊では同じ班なんですね。。
      ホント手塚と小...

      続きを読む
    開く

    セーフモード