知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先

著者:池上彰

946円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    イギリスEU離脱決定からトランプ大統領誕生まで、「自国ファースト」の流れが世界を包んだ。その本質を解説しつつ、右派勢力が台頭する欧州、中東戦争の危機、暴走する北朝鮮など、世界のいまを池上彰が斬る!2016年は、6月のイギリスEU離脱決定からトランプ大統領誕生まで、「自国ファースト」「反グローバル」「世界分断」の大きな流れが世界を包んだ。この流れのまま、2017年の世界はどうなっていくのか?右派勢力の台頭が気になる欧州での選挙、第5次中東戦争のリスクの高まり、北朝鮮の暴走……など、大衝突の種が世界中に転がっている。世界秩序が再び崩れていくのか? 重要な一年となるだろう。トランプ現象によって、世界の大問題がよりクリアになり、そしてそのニュースに多くの人が関心をもった。世界が抱える大問題に真剣に向き合い、いかに行動するかを考える――、そのよいきっかけにしなければいけない。“世界のニュースの入門書”として定着した「知らないと恥をかく世界の大問題」シリーズが伝える世界の今。あふれる情報の中から、いかに本質を見抜くのか。考えるヒントを、最新ニュースを題材に語る。目次プロローグ トランプに振り回される世界 第1章 分断されるアメリカ第2章 危機を迎えたヨーロッパの理想第3章 大国に翻弄される中東第4章 アメリカの変化にアジアは?第5章 分断される世界は人類共通の問題を悪化させる第6章 安倍政権は、戦後最長の長期政権になるのか エピローグ 分断に立ち向かう、未来への姿勢

    続きを読む
    • 知らないと恥をかく世界の大問題 全 11 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      知らないと恥をかく世界の大問題 全 11 冊

      9,192円(税込)
      91pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    レビューコメント(729件)
    • 2013/02/11

      第一章 新しい「世界の勢力図」
      第二章 20世紀の覇権国家・アメリカ 転落
      第三章 アメリカ一極集中の崩壊
      第四章 世界全体が抱える問題点
      第五章 世界各地の小競り合い
      第六章 政権交代で解決できるか...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2020/05/28

      イラクのフセインは、イライラ戦争の後はクウェート侵攻、とせわしなく周辺国に攻め入った。そのときのアメリカ大統領、パパブッシュは、キリスト教の国がイスラム教の国を攻撃する十字軍の構図になってしまってはい...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2011/10/29

      昨日、モーガン・スパーロック監督の『ビン・ラディンを探せ ~スパーロックがテロ最前線に突撃 ~』というドキュメンタリー映画を見ていたときに、ここに書かれていることが非常に役立ちました。 僕は最初にこっ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード