知らないと恥をかく世界の大問題6 21世紀の曲がり角。世界はどこへ向かうのか?

著者:池上彰

902円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    戦後70年のいまを歴史に位置付けるとき!シリーズ最新第6弾! 覇権、宗教、経済、資源……世界は大きな転換期を迎えている。深まる混沌と対立。世界は解決の糸口を見いだせるのか? 戦後70年、そして、阪神・淡路大震災、地下鉄サリン事件から20年の節目に、21世紀のあるべき世界の姿を考える。世界を読み解くニュースの入門書。過去は将来への道しるべ。歴史をひもとけば未来が見えてくる◇大転換期を迎えた世界◇大国アメリカの野望と世界への責任◇ヨーロッパ、衝突の現場から ◇イスラムの台頭~文明の衝突は避けられないのか?~ ◇人類共通の問題に立ち向かえるのか?◇戦後70年を迎える東アジアの未来志向 ◇突き進む安倍政権が目指すもの ◇21世紀の世界のつくり方池上 彰:1950年、長野県生まれ。ジャーナリスト。東京工業大学教授。慶應義塾大学卒業後、1973年にNHK入局。1994年から11年間、「週刊こどもニュース」のお父さん役として活躍。2005年にNHKを退職し、フリージャーナリストとして、テレビ、雑誌など多方面で活躍。今さら聞けないニュースの本質をズバリ解説。2009年にスタートした角川新書『知らないと恥をかく世界の大問題』シリーズが大ヒットとなる。

    続きを読む
    • 知らないと恥をかく世界の大問題 全 11 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      知らないと恥をかく世界の大問題 全 11 冊

      9,192円(税込)
      91pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    レビューコメント(729件)
    • 2013/02/11

      第一章 新しい「世界の勢力図」
      第二章 20世紀の覇権国家・アメリカ 転落
      第三章 アメリカ一極集中の崩壊
      第四章 世界全体が抱える問題点
      第五章 世界各地の小競り合い
      第六章 政権交代で解決できるか...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2020/05/28

      イラクのフセインは、イライラ戦争の後はクウェート侵攻、とせわしなく周辺国に攻め入った。そのときのアメリカ大統領、パパブッシュは、キリスト教の国がイスラム教の国を攻撃する十字軍の構図になってしまってはい...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2011/10/29

      昨日、モーガン・スパーロック監督の『ビン・ラディンを探せ ~スパーロックがテロ最前線に突撃 ~』というドキュメンタリー映画を見ていたときに、ここに書かれていることが非常に役立ちました。 僕は最初にこっ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード