京都大原 花散る里の殺人

和久峻三

550円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    著名な画家・草川壮太郎(くさがわそうたろう)が、アトリエで頭を殴られ殺された!顔の部分が切り裂かれた裸婦(ヌード)画は何を意味しているのか?エリート検事・松島省一郎(まつしましょういちろう)は、決め手がないまま、お手伝いの南野弘子(みなみのひろこ)を起訴。が、直後に検事を辞め、なんと弘子の弁護人に!理不尽なやり口に怒りを燃やす赤かぶ検事は、驚くべき証人を召喚した――。

    続きを読む
    • 赤かぶ検事 全 53 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      赤かぶ検事 全 53 巻

      29,436円(税込)
      294pt獲得

    レビュー

    • 2010/01/20Posted by ブクログ

      戦国時代の埋蔵金のありかを描いた古地図の売買に絡んで悪質な詐欺事件が発生しているらしい。相談を受けた赤かぶ検事は、早速埋蔵金があると噂される箱根へ向かうが、そこで彼が見つけたのは一人の女性の死体だった...

      続きを読む
    • 2010/04/30Posted by ブクログ

      京都大原街道沿いの弁財天で、美女が死体で発見された!大学の講師を勤めるインテリ女性だった彼女には、高級コールガールという裏の顔が。部屋に残された日記…破り取られた最後の二ページにはなにが書かれていたの...

      続きを読む
    • 2008/02/21Posted by ブクログ

      有名私大の常勤講師が謎の死。残された日記には、高級コールガールという裏の顔の記録が。。。

      赤かぶ検事シリーズは、ここ10年くらい読んでなく、巻末の「ひたむきに恋に走る弟の正雄。。。」のあたり、常連読...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000119639","price":"550"}]

    セーフモード