法廷殺人の証人

和久峻三

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    弁護士の菊間武郎(きくまたけお)の息子が誘拐された。容疑者の女が自首してきたが、解放されて一旦帰宅したはずの少年は、再び姿を消してしまう。その行方もわからないまま、公判は開始。容疑者の弁護を買って出たのは、なんと被害者である菊間本人だった。さらに、弁護側証人が、密室状態の控え室で謎の死を遂げる!謎が謎を呼ぶ事件に、赤かぶ検事が鋭く斬り込んでゆく――。

    続きを読む
    • 赤かぶ検事 全 53 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      赤かぶ検事 全 53 巻

      29,436円(税込)
      294pt獲得

    レビュー

    • 2010/01/20Posted by ブクログ

      戦国時代の埋蔵金のありかを描いた古地図の売買に絡んで悪質な詐欺事件が発生しているらしい。相談を受けた赤かぶ検事は、早速埋蔵金があると噂される箱根へ向かうが、そこで彼が見つけたのは一人の女性の死体だった...

      続きを読む
    • 2010/04/30Posted by ブクログ

      京都大原街道沿いの弁財天で、美女が死体で発見された!大学の講師を勤めるインテリ女性だった彼女には、高級コールガールという裏の顔が。部屋に残された日記…破り取られた最後の二ページにはなにが書かれていたの...

      続きを読む
    • 2008/02/21Posted by ブクログ

      有名私大の常勤講師が謎の死。残された日記には、高級コールガールという裏の顔の記録が。。。

      赤かぶ検事シリーズは、ここ10年くらい読んでなく、巻末の「ひたむきに恋に走る弟の正雄。。。」のあたり、常連読...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000280248","price":"605"}]

    セーフモード