東京物語

奥田英朗

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    1978年4月。18歳の久雄は、エリック・クラプトンもトム・ウェイツも素通りする退屈な町を飛び出し、上京する。キャンディーズ解散、ジョン・レノン殺害、幻の名古屋オリンピック、ベルリンの壁崩壊……。バブル景気に向かう時代の波にもまれ、戸惑いながらも少しずつ大人になっていく久雄。。80年代の東京を舞台に、誰もが通り過ぎてきた「あの頃」を鮮やかに描きだす、まぶしくて切ない青春グラフィティ。

    続きを読む

    レビュー

    • 2007/11/03Posted by ブクログ

      1959年生まれ、中部地方で育った青年が、東京に出てきてコピーライターになる話。最後に小説家になることを匂わせるあたり自叙伝的フィクションなのでしょう。
      時代を前後させつつ、その時々の時世を色濃く反...

      続きを読む
    • 2011/04/17Posted by ブクログ

      1978年18歳の主人公 久雄が名古屋から上京し初めての一人暮らしを始める。期待、希望に充ち溢れる久雄に対して、見送る家族のどことなく寂しさを感じさせる描写がすばらしい。特に新幹線でいっしょに東京へ向...

      続きを読む
    • 2010/09/20Posted by ブクログ

      良い話でした。
      憧れて、反対を押し切って始めた東京での一人暮らし。のっけからの挫折と孤独感。それでも夢中とも言える青春を突っ走る主人公。気の置けない仲間達、いい加減そうで時に親身の忠告をくれる先輩達、...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000107054","price":"605"}]

    セーフモード