発達障害の子どもたち

杉山登志郎

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    発達障害にまつわる誤解と偏見を解く!言葉が幼い、落ち着きがない、授業についていけない。そだちの遅れがみられる子のなかで、治療や養護が必要かどうかを、どう見分けるか。ケーススタディをもとに第一人者が教える。

    続きを読む

    レビュー

    4.2
    72
    5
    34
    4
    27
    3
    9
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2020/02/27Posted by ブクログ

      発達障害の外観がわかった。

      発達障害は、自らの責任で受けたものではないので、きちんとサポートするシステムこそ歴史の進歩である。

      人が「できない」と心の中で責めてしまう時もあったので、「できない」こ...

      続きを読む
    • 2020/02/21Posted by ブクログ

      発達障害に対して自分が持っていた偏見がずいぶん解けたと思う。もし自分の子どもが発達障害だったら、悲観せず丁寧に関わり、適切に支援を行えば将来、自活できる可能性が高いと知ることができた。偏見や感情的な対...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/02/02Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード