玄米せんせいの弁当箱 1巻

漫画:魚戸おさむ  脚本:北原雅紀

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

国木田大学農学部の「食文化論」の講師として新しく赴任してきたのは、大きな桶いっぱいに詰まった糠を背負ってきた変わり者・結城玄米。「食べることは生きること」「食文化を学ぶことは、生きる術を学ぶということ」との信念のもと、講義を開始した玄米は、いきなり学生たちに糠床を作らせて…!?日本の「食」を考える食育コミック!!

続きを読む
  • 玄米せんせいの弁当箱 全 10 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    玄米せんせいの弁当箱 全 10 巻

    6,050円(税込)
    60pt獲得

レビュー

  • 2020/06/24Posted by ブクログ

    今月の本舗おすすめの一冊は、『玄米先生の弁当箱』という、そう、漫画です。ぬか漬けのお話から始まります。主人公は大学の農学部の先生です。その名も『結城玄米』先生。ぬか床を背負って、講義にやってきます。授...

    続きを読む
  • 2020/06/24Posted by ブクログ

    「家栽の人」の著者の魚戸おさむ氏の作品。
    食べものを通じた温かいヒューマンドラマが展開します。
    この作品では全体を通して、日本の食の危機に警鐘を打ち鳴らしています。
    食はどうあるべきかを見直す必要性を...

    続きを読む
  • 2020/06/24Posted by ブクログ

    本屋で思わず手に取って、「面白そう!」と思い即購入しました。

    舞台は大学。玄米というお名前の先生とその生徒達の食にまつわる物語です。

    この時代での農業への偏見、昔ながらの食材(食事)離れ、食へ...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A000057017","price":"605"}]

セーフモード