ラーメン発見伝 4巻

画:河合単 作:久部緑郎

605円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 302(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

知り合いのラーメン評論家・有栖涼が推薦する『大野屋』を訪れた藤本と佐倉。ラーメンの味は評判通りだったが、突然、店にいた客のひとりが怒り出した。この店は、人気店『らあめん清流房』の完全なパクリだというのだ。藤本は冷静に反論するが、彼は怒って店を出て行く。後日、その客は自分のホームページで『大野屋』を批判し始めて…!?

続きを読む
  • ラーメン発見伝 全 26 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    ラーメン発見伝 全 26 冊

    15,730円(税込)
    157pt獲得

レビュー

レビューコメント(2件)
  • 2020/02/14

    久部緑郎作、河合単画『ラーメン発見伝 4 日本・台湾、麺勝負』(小学館、2001年)は中華料理屋のラーメンのテコ入れや台湾で日本ラーメンに取り組む話を収録する。『ラーメン発見伝』はオムニバス形式で進む...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2013/09/01

    加水率をいじり、麺ののびやすさを調整する話。「ラーメン店なら把握してるでしょ、ふつうは!」という突っ込みをいれたくなるが、まあ面白い。加水だけじゃなく、自家製麺ならではの創意工夫があったら良かったのに...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード