自殺サークル

古屋兎丸

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2001年5月31日、新宿で54人もの少女が電車にとびこみ集団自殺をした。生存者はただひとり――その名は小夜。「ねぇ、光子さんって知ってる?」集団自殺から奇跡的に生き残った少女・小夜は、「光子さん」に導かれるまま、女子高生を集め“自殺サークル”を作り上げた。援助交際、虐待、リストカット…孤独と不条理な問題に悩む少女たちは、彼女たちを救う存在「光子さん」とともに、さらなる増殖をくり返してゆく…。古屋兎丸的都市伝説!!

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    3.3
    10
    5
    1
    4
    3
    3
    4
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/11/21Posted by ブクログ

      女学生集団自殺の裏にはカルトとオカルトが存在していた。カリスマに導かれて集団自殺する、というのは大人の男にでもある話だが、この漫画は男性にとっての女性のわからなさをあらわしたもののように思える。映画と...

      続きを読む
    • 2015/12/06Posted by ブクログ

      古屋先生の作品の特徴として魅力的で個性的なキャラが沢山登場するというのがありますがこの漫画のキャラは正直に言って個性もなく魅力の部分でも他の作品に比べるとパンチは低いですし満子に関してもそこまでのカリ...

      続きを読む
    • 2015/01/21Posted by ブクログ

      まあ、そこまで心に響く漫画ではなかったですかね…タイトルが目を惹きますけれどもアレですね、期待はずれでした!!

      ヽ(・ω・)/ズコー

      なんでも映画が原作なんだとか…そっちを観てからこれに取り組め...

      続きを読む
    開く

    セーフモード