プロの生き様を描く職業まんが

「働くこと」への価値観がますます多様化している昨今。あなたは何を感じ、思うでしょうか?

「あたしは仕事したな──って思って 死にたい」松方弘子(週刊誌編集者)

「玉稿!! 本当にありがとうございましたっ!!」桃井カンパチ(漫画編集者)

「なぜ売れないのかは分からないけど、ひとつだけハッキリ言えるのは─―─ 売れる漫画は 愛されてます。」木俣(書店員)

「こんな文章を書いてよろこんでいたのか。こんな文章を人にみせていたのか…!?」杉苗みのり(フリーライター)

「俺と組んでマンガ家になってくれ」高木秋人、真城最高(漫画家)

1968年より「少年ジャンプ」で連載された元祖・漫画家まんが

胃がねじ切れそうな、制作の現場の緊張感

プロ野球選手の栄光と影を描く迫真ストーリー

公邸料理人の活躍を描く、超本格料理×国際政治コミック

火を恐れぬ者に、火を抑えることなどできない!

「生活保護」に向き合う新米ケースワーカーたちの奮闘劇

超高齢社会に突入する日本。他人事にはできない問題をリアルに描く

笑えないリアル感!? デザイン事務所で働いたことがある全俺が泣いた─━

調理場という名の戦場を描く、イタリアン料理人成り上がりストーリー

特殊救難隊入隊を目指す若き潜水士たちの群像活劇

『鋼の錬金術師』作者が贈るリアル農業ライフ

多くの領収書を処理する経理部員には、社内のいろいろな姿が見えていて…?

ゲーム業界をサヴァイヴするクリエイターたちの大叙事詩

このまんが読もうぜ!!特集に戻る