ebook japan

テセウスの船ドラマ化記念

キャンペーン期間:2020年1月14日(火)~2月2日(日)

『テセウスの船』作品紹介

  • 1989年6月、北海道・音臼村の小学校で、児童含む21人が毒殺された。
    逮捕されたのは、村の警察官だった佐野文吾。
    28年後(ドラマでは31年後)、佐野の息子・田村心(しん)は、死刑判決を受けてなお一貫して無罪を主張する父親に、冤罪の可能性を感じ、独自に調査を始める。
    事件現場を訪れた心は、突如発生した濃霧に包まれ、気付くと1989年1月にタイムスリップしていた――。

主な登場人物

  • 田村心(しん)

    本作の主人公。
    28年前に父親が起こしたとされる
    無差別殺人事件を独自に調査する。

  • 佐野文吾

    心の父で元警察官。
    無差別殺人事件の犯人として、
    死刑判決を受ける。

  • 田村由紀

    心の妻。
    心を励まし、支えた。
    娘を出産後、死亡。

  • 田村由紀

    心の母。
    事件後、女手ひとつで心たち3人の子供を育てる。

  • 佐野鈴

    心の姉。
    無差別殺人事件によって、
    同級生の多くが死亡する。

名場面でたどる序盤あらすじ

  • 夢はもう諦めた 殺人犯の息子じゃ無理なんだよ

    音臼小無差別殺人事件が起こったとき、心はまだ母親のお腹の中にいた。

    事件後は、犯人の家族だと周囲にバレるたびに、借金して引越して転校して……。

    母は、女手ひとつで苦労しながら、心たち3人の子供を育ててくれた。

    やがて心は、由紀という最良の伴侶を得る。

    しかし、父・文吾の冤罪を信じ、心の夢を応援する由紀に対し、心は諦めの言葉を述べるのだった。

  • パ…パパだよ……パパだよ……!

    娘の出産をひかえ、家族を幸せにする決意をする心。

    しかし、その思いも虚しく、出産直後に由紀が死んでしまう。

    もともと結婚に反対だった由紀の両親は、産まれたばかりの子を引き取ると主張。

    この子にとっては、その方がいいのかもしれない。犯罪者の家族にならずにすむから……。

    諦めかけた心に、わが子は無邪気な笑顔を向けてくれた。自分を信じてくれているのだ!

    心は、改めてこの子を全力で守り抜く決心をする。父の冤罪を証明できれば……。

    28年前の事件の真相を探るため、刑務所にいる父親に会いに、北海道へ旅立った。

  • 佐野…!俺の……父親

    父親の弁護士に会う前に、事件があった音臼小の跡地に立ち寄った心は、濃霧に遭う。

    霧が晴れた後の景色は、何かが違う。目の前には、取り壊されたはずの校舎が建っていた。

    街をさまよっていた心は、雪に埋もれて気を失っている少女を発見し、病院に運んだ。

    それは、28年前の、姉の鈴だった。心は、なぜか1989年にタイムスリップしていたのだ!

    呆然とする心の前に現れた一人の警察官。それは28年前の、父親の文吾だった。

  • 過去が変わった…!

    姉の鈴は、本当は新聞配達員に助けられるはずだった。

    そして、このときの凍傷の痕が、顔の広範囲に残るはずだった。

    しかし、タイムスリップした心に助けられた鈴の顔には、わずかな霜焼けの痕があるだけ。

    過去は変えられる――

    21人が死んだ無差別殺人事件だけでなく、その前に起きた数々の事件も、防げるかもしれない。

    過去を変えたら、未来はどうなるのだろう?

  • きっと意味があるんだよ 心さんがここに来たのには意味があるんだ

    鈴を助けた縁で、28年前の家族が住む家で暮らすことになった心。

    しかし、自分がタイムスリップした家族であることは、口に出すことはできなかった。

    父親は、本当に殺人犯なのか?

    突然現れた若い男は、何者なのか?

    最初はお互いに疑いの目を向けていた心と文吾だったが、やがて心(こころ)を通い合わせるようになる。

    この人は、人殺しではない――。

    そう確信した心は、文吾にだけ、タイムスリップしてきたことを明かす。

    そして、これから起こるはずの事件を、一緒に未然に防ごうと決意する。

  • また邪魔者がいた…… このところ毎日邪魔者がいる……

    心は文吾に、これから起こる事件を少しずつ話し、事件を防ぐための行動をとっていく。

    それは、真犯人を苛つかせた

    未来は、少しずつ姿を変えていっている。

    それは、幸せな未来なのか、それとも……。

果たして、無差別殺人事件は防げたのだろうか?過去を変えたら、未来の自分は、家族は、同じ存在であるといえるのだろうか?二転三転する展開、意外な真犯人、そして衝撃のクライマックスへ!!

1~2巻無料&全10巻セット20%OFF

  • テセウスの船 1巻

    1989年6月24日、北海道・音臼村の小学校で、児童含む21人が毒殺された。逮捕されたのは、村の警察官だった佐野文吾。28年後、佐野の息子・田村心は、死刑判決を受けてなお一貫して無罪を主張する父親に冤罪の可能性を感じ、独自に調査を始める。事件現場を訪れた心は、突如発生した濃霧に包まれ、気付くと1989年にタイムスリップしていた。時空を超えて「真実」と対峙する、本格クライムサスペンス、開幕。

  • テセウスの船 2巻

    1989年にタイムスリップした田村心は、「音臼小無差別毒殺事件」の犯人で、現在死刑判決を受けている父・佐野文吾と出会う。雪に閉ざされたのどかな村で、若き日の佐野の人柄に触れるうち、心の気持ちに少しずつ変化が現れる。自分の「過去」を、そして子供たちの「未来」を変えるため、心は音臼小の教師になることを決意。しかし、そんな心をあざ笑うかのように、村では異変が起き始め……。

セットがお得!詳細はこちら

竹内涼真さんインタビュー

ドラマ「テセウスの船」で主人公の田村心(しん)を演じる竹内涼真さんにebookjapanが直撃インタビュー! 原作の感想や役との向き合い方などをお話ししていただきました。

――これまで「下町ロケット」「陸王」にもご出演されていますが、TBSの日曜劇場では初の主演となります。本作の主演が決まった時の感想をお聞かせください。

純粋にうれしかったです。でも同時に「やらなきゃな」っていう気が引き締まる思いもありました。

――ドラマ公式Twitterの動画で「クランクイン前日は緊張してなかなか寝付けなかった」とおっしゃっていましたね。

あ~寝れなかったですね。

――それだけ緊張されていたということでしょうか。

緊張というよりはいろいろ考えてしまって寝付けなかったんですよね。

――考えた、というのは役についてなどでしょうか。

役についてとか、(演技を)どうしようかなとか。クランクイン初日というのはやはり大事なので。いろいろ考えていたら時間が経っちゃってました。

――原作について、特に魅力的だと思ったのはどんなところですか?

まず絵ですね。(原作コミックを手に取って)僕この絵が好きなんですよ。登場人物の表情にリアリティがあって、すごく物語に入りやすかったです。

――ストーリーについてはいかがですか。

ミステリーなんですが、すごくドラマ性があります。演じる側としてはタイムスリップしているということを忘れるくらい、見ている方にミステリーと家族の話にのめり込んでもらいたいし、のめり込ませなきゃなって思っています。主人公の心はいろんなことにすごく新鮮なリアクションをして、パニックになってはいるんだけど、体が勝手に運命に立ち向かって物語のレールに乗ってしまうというところが面白いと思いました。

――竹内さんは心をどんな人物だと思っていますか。

心は小さいころから過酷な運命を背負わされて、母親からも「人前で笑顔を見せちゃいけない」と言われ、すごく抑制された31年間を過ごしてきました。ただ彼には、彼の過去を全てわかった上で受け止めてくれる奥さんがいます。心は奥さんと2人の時間を一番大事にしているんだと僕は思いました。過酷な人生だからこそ、心は「普通の幸せを望む人」なんですよ。一生懸命仕事をがんばって、子供を奥さんと一緒に育てるというような普通の幸せ。あまりにも過酷な自分の運命とうまく付き合いながらも、少し諦めて逃げていた人生だったけど、あるきっかけによって家族を不幸にしてしまった運命に初めて命がけで立ち向かってがむしゃらに動くというのが今回の役柄です。もちろん正義感は強いけれど、特殊な能力があるわけでもない。とにかく必死になって過去を変えるため、家族を守るために動く姿が、かっこつけてなくて逆にかっこいいと思います。

――妻である由紀との関係性も重要になってくると思うんですが、由紀役の上野樹里さんとの共演はいかがですか。

心という役はどうしても寂しい気持ちが目の奥に見えてしまうのですが、そこをうまく盛り上げて優しく包んでくれる素敵な奥さんを演じてくださって。この夫婦はこんなふうに毎回奥さんが盛り上げてくれているんだろうなぁって感じがしました(笑) 冒頭で衝撃的なシーンがあるんですが、そこでもいろいろなアイデアを出していただいて、僕もすごく気持ちが入ることができたし、いいシーンになっているんじゃないかな~って思います。

――事務所の先輩である鈴木亮平さんとは親子役で共演となりますが、キャスティングを最初に知った時の感想をお聞かせください。

うれしかったです! 僕のアイデアも相談にのってくださるし、亮平さんからもアイデアをいただいたりして撮影しています。(父親の佐野)文吾さんと2人のシーンはもう文吾さんに身を任せています。第1話で心は「こんな人、お父さんじゃない」と思ってしまいますが、演じる僕としては亮平さんの存在にとても助けていただいてます。父親とのシーンは本当に苦しい場面もあるのですが、逆にすごく明るいシーンもあります。そのふり幅は原作以上に楽しめるものになっているかもしれないですね。

――竹内さんと鈴木さんは10歳差なので“父子”を表現するのも難しそうです。

第1話で初めてタイムスリップをして父親と会うことになるのですが、その時の心の衝撃というのは自分では想像もしていなかったほどだったと思います。ただ2話3話と進むうちに「やっぱりこの人が父親なんだ」って思うようになっていくんですよね。未来がどうなったとしても、心にとっての父親は文吾で、切り離せない運命と言いますか。そこが苦しくもあり感動する場面でもあるので、僕はすごく好きです。

――本作はミステリーなのでシリアスなシーンも多いかと思いますが、撮影現場の雰囲気はいかがでしょうか。

そのシーンによって違いますね。でもキャストのみなさんとの雰囲気はすごく良いですし、子役たちがすごくかわいいんです。子供たちにも助けられていますし、すごく癒されてもいますね。

――子役と一緒のシーンも多いですよね。

僕は子供が大好きなので、現場が超楽しいです!

――本作は主人公が過去にタイムスリップして過去を変えようとするストーリーですが、竹内さんがもし過去にタイムスリップできるとしたらいつに戻って何をしたいですか?

僕は自分が生きてない150年後に行きたいです。過去は、もういいかなって思ってます(笑) 未来がどうなっているか知りたい。あまり遠い未来だとついていけなそうなので、150年後くらいがちょうどいいかな。何をしたいというよりは、何が起こっているのか知りたいです。ここ数年でもすごく変わったし、未来はどうなっているんだろうっていうのが気になります。

――心は父の無実を証明しようと奮闘しますが、竹内さんは「これだけは成し遂げたい」という目標はありますか?

まず2020年の仕事始めとなる「テセウスの船」が本当にいいドラマになるよう必死に頑張ろうと思います。それから2020年は藤原竜也さんと共演させていただいた映画「太陽は動かない」もあります。「太陽は動かない」ではこれまでとは違う新しい自分を出すことができたと思っているので、是非楽しみにしていただきたいです。僕が本当にやりたいと思っていることや、お見せしたいと思っている姿、伝えたいと思っていることを、一作一作を通して少しずつ明確にしていけたらと。これからの僕が向かいたいと思っている場所を示す、そんな1年になるといいなと思っています。

――竹内さんはこれまでもマンガや小説が原作の作品にご出演されていますが、原作ありの作品に携わる際に意識していることや気をつけていることはありますか。

僕は基本的に原作とドラマは別物だと考えているので、役作りもあまり原作の画やキャラクターに縛られないように考えていて。もちろん原作はリスペクトしているのですが、あくまでもヒントを得て、ドラマでは生身の人間をイチから作り上げていく感じです。

――最後に、ドラマの視聴者へメッセージをお願いします。

日曜の夜に家族の温かさをお届けできたら。あとは、ずっと苦しんできた主人公ががむしゃらに画面を駆けずり回っているので(笑)、どうか田村心という役を応援しながら見ていただけるとうれしいです。

PROFILE
竹内涼真
1993年4月26日生まれ。東京都出身。A型。2013年、女性ファッション誌「mina」の男性専属モデルオーディション「minaカレグランプリ」でグランプリを獲得し、デビュー。2014年に「仮面ライダードライブ」(テレビ朝日)で主演を務め、「過保護のカホコ」(日本テレビ・2017年)、「ひよっこ」(NHK・2019年)などの出演で注目を集めた。その他の出演作に「下町ロケット」(TBS・2015年)、「帝一の國」(2017年)、「陸王」(TBS・2017年)など。2020年、映画「太陽が動かない」5月15日公開予定。ドラマ版がWOWOWにて放送。2020年カレンダー(壁掛け、卓上タイプ)株式会社ハゴロモから発売中。

放送情報
日曜劇場「テセウスの船」(TBS)
2020年1月19日(日)放送スタート 毎週日曜 夜9時
出演:竹内涼真、鈴木亮平ほか
番組公式サイト
https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/

1~2巻無料&全10巻セット20%OFF

  • テセウスの船 1巻

    1989年6月24日、北海道・音臼村の小学校で、児童含む21人が毒殺された。逮捕されたのは、村の警察官だった佐野文吾。28年後、佐野の息子・田村心は、死刑判決を受けてなお一貫して無罪を主張する父親に冤罪の可能性を感じ、独自に調査を始める。事件現場を訪れた心は、突如発生した濃霧に包まれ、気付くと1989年にタイムスリップしていた。時空を超えて「真実」と対峙する、本格クライムサスペンス、開幕。

  • テセウスの船 2巻

    1989年にタイムスリップした田村心は、「音臼小無差別毒殺事件」の犯人で、現在死刑判決を受けている父・佐野文吾と出会う。雪に閉ざされたのどかな村で、若き日の佐野の人柄に触れるうち、心の気持ちに少しずつ変化が現れる。自分の「過去」を、そして子供たちの「未来」を変えるため、心は音臼小の教師になることを決意。しかし、そんな心をあざ笑うかのように、村では異変が起き始め……。

セットがお得!詳細はこちら

プレゼントはこちら!

緻密かつ壮大なミステリー&豪華キャスト出演で話題の、TBS日曜劇場『テセウスの船』(2020年1月スタート)。
キャンペーン期間中、『テセウスの船』3~10巻のうち、1冊以上購入しご応募いただいた方の中から抽選で1名様に、ドラマ主演・竹内涼真さんの、サイン入りチェキをプレゼント!
奮ってご応募ください!!
※キャンペーン期間中無料となる、1~2巻は、対象外となります。

応募はこちら

キャンペーン詳細はこちら

1~2巻無料&全10巻セット20%OFF

  • テセウスの船 1巻

    1989年6月24日、北海道・音臼村の小学校で、児童含む21人が毒殺された。逮捕されたのは、村の警察官だった佐野文吾。28年後、佐野の息子・田村心は、死刑判決を受けてなお一貫して無罪を主張する父親に冤罪の可能性を感じ、独自に調査を始める。事件現場を訪れた心は、突如発生した濃霧に包まれ、気付くと1989年にタイムスリップしていた。時空を超えて「真実」と対峙する、本格クライムサスペンス、開幕。

  • テセウスの船 2巻

    1989年にタイムスリップした田村心は、「音臼小無差別毒殺事件」の犯人で、現在死刑判決を受けている父・佐野文吾と出会う。雪に閉ざされたのどかな村で、若き日の佐野の人柄に触れるうち、心の気持ちに少しずつ変化が現れる。自分の「過去」を、そして子供たちの「未来」を変えるため、心は音臼小の教師になることを決意。しかし、そんな心をあざ笑うかのように、村では異変が起き始め……。

セットがお得!詳細はこちら

キャンペーン詳細

キャンペーン名称
『テセウスの船』ドラマ化記念プレゼントキャンペーン
キャンペーン期間
2020年1月14日(火)0時00分~2020年2月2日(日)23時59分
※本キャンペーンは予告なく終了する場合があります。あらかじめご了承ください。
キャンペーン概要
キャンペーン期間中、『テセウスの船』3~10巻のうち、1冊以上を購入しご応募いただいた方の中から抽選で1名様に、「竹内涼真さんサイン入りチェキ」をプレゼントいたします。
賞品と当選者数
  • ・竹内涼真さんサイン入りチェキ 1名様
応募方法
【A】ebookjapanで配信されている『テセウスの船』3~10巻のうち1冊以上をご購入ください。
※キャンペーン期間中無料となる、1~2巻は、対象外となります。
【B】Yahoo! JAPAN IDでログイン後、ズバトクのページでエントリーボタンを押してください。
※【A】【B】両方の条件を期間中に満たしていただければ、順番は問いません。
※エントリーできるのは、1つのYahoo! JAPAN IDにつき、キャンペーン期間中1回までです。
応募上の注意
・応募受理のご確認および抽選・当選結果に関するお問い合わせにはお答えできません。
・やむを得ない事情により、本キャンペーンは予告なく賞品、対象期間、適用条件等を変更する可能性があります。
・ご応募、登録内容に虚偽の記載があった場合は、応募資格・当選資格を取り消すなど、キャンペーン適用対象外となる場合があります。
・当選の権利は当選者本人に限られます。賞品を転売することや当選の権利を第三者に譲渡する等の行為は禁止いたします。
・キャンペーンへのご応募は、日本国内に在住の方に限らせていただきます。
・Yahoo! JAPAN社員および関係者の応募はご遠慮ください。
当選発表と発送について
・当選者には、Yahoo! JAPAN IDにご登録いただいたメールアドレス宛に当選通知をメールにてお送りいたします。
・当選結果はYahoo!ズバトクの参加履歴からもご確認いただけます。
・当選された方は、Yahoo! JAPAN IDにご登録いただいているメールアドレスにお送りする当選メールから、配送先情報を登録してください。2020年2月29日(土)23:59 までにお手続きいただけない場合、当選の権利を失います。
・入力期限までに住所の入力が完了しない場合や、誤りがあった場合、長期不在により賞品をお届けできなかった場合は、当選が無効となりますのでご了承ください。
・キャンペーン期間内であっても、応募後の内容修正などはできませんので、ご入力の際は間違いのないようにお願いいたします。
・当選者への賞品の発送は2020年3月上旬を予定しています。

本キャンペーンに関するお問い合わせ先
ebookjapan ヘルプ

キャンペーン主体
ヤフー株式会社
※ebookjapanはヤフー株式会社のサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社イーブックイニシアティブジャパンと協力して運営しています。

応募はこちら

1~2巻無料&全10巻セット20%OFF

  • テセウスの船 1巻

    1989年6月24日、北海道・音臼村の小学校で、児童含む21人が毒殺された。逮捕されたのは、村の警察官だった佐野文吾。28年後、佐野の息子・田村心は、死刑判決を受けてなお一貫して無罪を主張する父親に冤罪の可能性を感じ、独自に調査を始める。事件現場を訪れた心は、突如発生した濃霧に包まれ、気付くと1989年にタイムスリップしていた。時空を超えて「真実」と対峙する、本格クライムサスペンス、開幕。

  • テセウスの船 2巻

    1989年にタイムスリップした田村心は、「音臼小無差別毒殺事件」の犯人で、現在死刑判決を受けている父・佐野文吾と出会う。雪に閉ざされたのどかな村で、若き日の佐野の人柄に触れるうち、心の気持ちに少しずつ変化が現れる。自分の「過去」を、そして子供たちの「未来」を変えるため、心は音臼小の教師になることを決意。しかし、そんな心をあざ笑うかのように、村では異変が起き始め……。

セットがお得!詳細はこちら

抽選で『テセウスの船』全巻当たる

『テセウスの船』©東元俊哉/講談社