ebook japan

日本文学の新たな歴史を切り拓く 芥川賞・直木賞 第162回受賞作発表!!

2020年1月15日、第162回芥川賞・直木賞受賞作が発表されました。
芥川賞は古川真人『背高泡立草』、直木賞は川越宗一『熱源』が受賞しました。
最新第162回の受賞作と、過去の受賞作をすべてご紹介します。

第162回 芥川賞 受賞作

  • 背高泡立草
    背高泡立草
    古川真人
    詳細を見る
  • 大村奈美は、母の実家・吉川家の納屋の草刈りをするために、母、伯母、従姉妹とともに福岡から長崎の島に向かう。吉川家には<古か家>と<新しい方の家>があるが、祖母が亡くなり、いずれも空き家になっていた。奈美は二つの家に関して、伯父や祖母の姉に話を聞く。吉川家は<新しい方の家>が建っている場所で戦前は酒屋をしていたが、戦中に統制が厳しくなって廃業し、満州に行く同じ集落の者から家を買って移り住んだという。それが<古か家>だった。島にはいつの時代も、海の向こうに出ていく者や、海からやってくる者があった。江戸時代には捕鯨が盛んで蝦夷でも漁をした者がおり、戦後には故郷の朝鮮に帰ろうとして船が難破し島の漁師に救助された人々がいた。時代が下って、カヌーに乗って鹿児島からやってきたという少年が現れたこともあった。草に埋もれた納屋を見ながら奈美は、吉川の者たちと二つの家に流れた時間、これから流れるだろう時間を思うのだった。
    古川真人 ふるかわ・まこと 1988年福岡県生まれ。2016年「縫わんばならん」で新潮新人賞受賞、芥川賞候補。2017年「四時過ぎの船」で芥川賞候補、三島由紀夫賞候補。
  • 著者の出身地である九州の島が舞台。これまで芥川賞の候補となった『縫わんばならん』『四時過ぎの船』『ラッコの家』に続く物語として読めます。個人的には、この作品の文章が好きです。一文が長く古風な雰囲気なのですが、とても読みやすい。文章がいいと、物語にスッと入っていけます。草刈りという単調な行為のなかに、時空を超えた様々なエピソードが盛り込まれており、読者のものの見方を変えてくれるような、すごい作品だと思います。速読するのではなく、文章と作品世界をじっくり味わいたい作品です。

第162回 直木賞 受賞作

  • 熱源
    熱源
    川越宗一
    詳細を見る
  • 降りかかる理不尽は「文明」を名乗っていた。樺太アイヌの闘いと冒険を描く前代未聞の傑作!樺太(サハリン)で生まれたアイヌ、ヤヨマネクフ。開拓使たちに故郷を奪われ、集団移住を強いられたのち、天然痘やコレラの流行で妻や多くの友人たちを亡くした彼は、やがて山辺安之助と名前を変え、ふたたび樺太に戻ることを志す。一方、ブロニスワフ・ピウスツキは、リトアニアに生まれた。ロシアの強烈な同化政策により母語であるポーランド語を話すことも許されなかった彼は、皇帝の暗殺計画に巻き込まれ、苦役囚として樺太に送られる。日本人にされそうになったアイヌと、ロシア人にされそうになったポーランド人。文明を押し付けられ、それによってアイデンティティを揺るがされた経験を持つ二人が、樺太で出会い、自らが守り継ぎたいものの正体に辿り着く。金田一京助がその半生を「あいぬ物語」としてまとめた山辺安之助の生涯を軸に描かれた、読者の心に「熱」を残さずにはおかない書き下ろし歴史大作。
    川越宗一 かわごえ・そういち 1978年大阪府生まれ。2018年『天地に燦たり』で松本清張賞受賞。2019年『熱源』で本屋が選ぶ時代小説大賞受賞、山田風太郎賞候補、芥川賞候補。
  • まんが『ゴールデンカムイ』のヒットや、アイヌ文化復興・創造の拠点「ウポポイ」のオープンを本年4月にひかえるなど、アイヌはいま注目を集めています。本書では、明治維新後の大日本帝国に編入されたアイヌや、ロシア帝国に支配されたポーランド人たちが、帝国主義に抗い、必死に生き抜く姿が描かれています。日本にいると忘れがちですが、強大な力に打ちのめされそうになっている人々が、現代の世界にもいることを忘れてはならないと思いました。まさに、現代人の必読書だと思います。

第162回 芥川賞 候補作

  • 音に聞く
    音に聞く
    高尾長良
    詳細を見る
  • 高尾長良 たかお・ながら 1992年東京都生まれ。2012年「肉骨茶」で新潮新人賞を受賞、芥川賞候補。2014年「影媛」で芥川賞候補。医師。
  • デッドライン
    デッドライン
    千葉雅也
    詳細を見る
  • 千葉雅也 ちば・まさや 1978年栃木県生まれ。2014年『動きすぎてはいけない――ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』で紀伊國屋じんぶん大賞、表象文化論学会賞受賞。2019年、初の小説作品『デッドライン』で野間文芸新人賞受賞。他の著作に、『勉強の哲学――来たるべきバカのために』『意味がない無意味』などがある。哲学者。
  • 最高の任務
    最高の任務
    乗代雄介
    詳細を見る
  • 乗代雄介 のりしろ・ゆうすけ 1986年北海道生まれ。2015年「十七八より」で群像新人文学賞受賞。2018年『本物の読書家』で野間文芸新人賞受賞。
  • 幼な子の聖戦
    幼な子の聖戦
    木村友祐
    詳細を見る
  • 木村友祐 きむら・ゆうすけ 1970年青森県生まれ。2009年「海猫ツリーハウス」ですばる文学賞受賞。「イサの氾濫」で2012年三島由紀夫賞候補、2016年野間文芸新人賞候補。2014年「聖地Cs」で野間文芸新人賞候補。

第162回 直木賞 候補作

  • 嘘と正典
    嘘と正典
    小川哲
    詳細を見る
  • 小川哲 おがわ・さとし 1986年千葉県生まれ。2015年『ユートロニカのこちら側』でハヤカワSFコンテスト大賞受賞。『ゲームの王国』で2017年日本SF大賞受賞、吉川英治文学新人賞候補、2018年山本周五郎賞受賞。
  • スワン
    スワン
    呉勝浩
    詳細を見る
  • 呉勝浩 ご・かつひろ 1981年青森県生まれ。2015年『道徳の時間』で江戸川乱歩賞受賞。2018年『白い衝動』で大藪春彦賞受賞。2018年『ライオン・ブルー』で山本周五郎賞候補。2019年『マトリョーシカ・ブラッド』で吉川英治文学新人賞候補。『雛口依子の最低な落下とやけくそキャノンボール』で日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門候補。
  • 背中の蜘蛛
    背中の蜘蛛
    誉田哲也
    詳細を見る
  • 誉田哲也 ほんだ・てつや 1969年東京都生まれ。2002年『妖の華』でムー伝奇ノベル大賞優秀賞受賞。2003年『アクセス』でホラーサスペンス大賞特別賞受賞。他の著作に、『ジウI 警視庁特殊犯捜査係』『ストロベリーナイト』『武士道シックスティーン』『ケモノの城』などがある。
  • COVER NO IMAGE
    落日
    湊かなえ
    PayPayモール ≫
    (紙書籍)
  • 湊かなえ みなと・かなえ 1973年広島県生まれ。2007年「聖職者」で小説推理新人賞受賞、同作を収録した『告白』で本屋大賞。2012年「望郷、海の星」で日本推理作家協会賞短編部門受賞、同作を収録した『望郷』で直木賞候補。2016年『ユートピア』で山本周五郎賞受賞。2018年『贖罪』でエドガー賞(ベスト・ペーパーバック・オリジナル部門)候補。

芥川賞・直木賞とは?

芥川賞・直木賞は、いずれも1935(昭和10)年に、作家・菊池寛が主宰していた文藝春秋社が創設した文学賞。菊池寛の盟友だった、芥川龍之介と直木三十五の名を冠した。1945(昭和20)年から一時中断したが、1949(昭和24)年に復活。上半期(7月中旬発表)と下半期(1月中旬発表)の年2回実施されている。

芥川賞とは、新聞・雑誌(同人雑誌を含む)に発表された純文学短編作品の中で、最も優秀なものに授与される賞であり、主に無名または新進作家が対象となる。

純文学の新人賞でありながら、第34回受賞作である石原慎太郎『太陽の季節』は、そのセンセーショナルな内容により大きな話題となり、以降、広く一般に知られる賞となった。村上龍『限りなく透明に近いブルー』、綿矢りさ『蹴りたい背中』、又吉直樹『火花』などの受賞時にも社会的なビッグニュースとして扱われ、いずれもミリオンセラーとなった。

第162回の選考委員は、小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、堀江敏幸、松浦寿輝、宮本輝、山田詠美、吉田修一。

直木賞とは、新聞・雑誌(同人雑誌を含む)または単行本として発表された短編および長編の大衆文芸作品の中で、最も優秀なものに授与される賞であり、当初は無名・新進作家が対象だったが、現在は中堅作家が主な対象となっている。

歴代受賞者は、山崎豊子、司馬遼太郎、五木寛之、宮部みゆき、東野圭吾、池井戸潤など、国民的作家とも言うべき錚々たる顔ぶれである。一方、推理作品、および日本の大衆文芸のなかで比較的歴史の浅いSF・ファンタジー作品の受賞は少なく、綾辻行人、北方謙三、小松左京、島田荘司、筒井康隆、星新一、横山秀夫など、未受賞の大物作家もいる。

第162回の選考委員は、浅田次郎、伊集院静、角田光代、北方謙三、桐野夏生、高村薫、林真理子、宮城谷昌光、宮部みゆき。

本ページの内容は公開時点のものです。書籍の情報(販売の有無、価格、消費税込みか別かなど)について、予告なく変更される場合がありますので、購入内容確認画面においてご確認の上で、ご購入をお願いします。

BACK TO
TOP