ebook japan

日本文学の新たな歴史を切り拓く 芥川賞・直木賞 第164回受賞作発表!!

2021年1月20日、第164回芥川賞・直木賞受賞作が発表されました。
最新第164回の受賞作と、過去の受賞作をすべてご紹介します。

第164回 芥川賞 受賞作

  • 推し、燃ゆ
    推し、燃ゆ
    宇佐見りん
    詳細を見る
  • 逃避でも依存でもない、推しは私の背骨だ。アイドル上野真幸を”解釈”することに心血を注ぐあかり。ある日突然、推しが炎上し――。デビュー作『かか』が三島賞候補の21歳、圧巻の第二作。
    宇佐見りん うさみ・りん 1999年生まれ。2019年「かか」で第56回文藝賞を受賞。同作を単行本化した『かか』でデビュー。

第164回 直木賞 受賞作

  • 心淋し川
    心淋し川
    西條奈加
    詳細を見る
  • 「誰の心にも淀みはある。でも、それが人ってもんでね」江戸、千駄木町の一角は心町(うらまち)と呼ばれ、そこには「心淋し川(うらさびしがわ)」と呼ばれる小さく淀んだ川が流れていた。川のどん詰まりには古びた長屋が建ち並び、そこに暮らす人々もまた、人生という川の流れに行き詰まり、もがいていた。青物卸の大隅屋六兵衛は、一つの長屋に不美人な妾を四人も囲っている。その一人、一番年嵩で先行きに不安を覚えていたおりきは、六兵衛が持ち込んだ張方をながめているうち、悪戯心から小刀で仏像を彫りだして……(「閨仏」)。ほか全六話。生きる喜びと生きる哀しみが織りなす、著者渾身の時代小説。
    西條奈加 さいじょう・なか 1964年生まれ。東京英語専門学校卒。2005年『金春屋ゴメス』で第17回日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、デビュー。

第164回 芥川賞 候補作

  • COVER NO IMAGE
    母影
    尾崎世界観
  • 尾崎世界観 おざき・せかいかん 1984年生まれ。2001年結成のロックバンド「クリープハイプ」のヴォーカル・ギター。12年、アルバム『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』でメジャーデビュー。16年、初の小説『祐介』を書き下ろしで刊行。
  • コンジュジ
    コンジュジ
    木崎みつ子
    詳細を見る
  • 木崎みつ子 きざき・みつこ 1990年生まれ。2020年「コンジュジ」で第44回すばる文学賞を受賞。〈作品〉「コンジュジ」2020年すばる11月号。
  • COVER NO IMAGE
    小隊
    砂川文次
  • 砂川文次 すなかわ・ぶんじ 1990年生まれ。神奈川大学卒。元自衛官。地方公務員。2016年「市街戦」で第121回文學界新人賞を受賞。
  • 旅する練習
    旅する練習
    乗代雄介
    詳細を見る
  • 乗代雄介 のりしろ・ゆうすけ 1986年生まれ。法政大学社会学部メディア社会学科卒。2015年、「十七八より」で第58回群像新人文学賞を受賞しデビュー。18年、『本物の読書家』で第40回野間文芸新人賞を受賞。

第164回 直木賞 候補作

  • 八月の銀の雪
    八月の銀の雪
    伊与原新
    詳細を見る
  • 伊与原新 いよはら・しん 1972年生まれ。神戸大学理学部卒。東京大学大学院理学系研究科で地球惑星科学を専攻し、博士課程修了。博士(理学)。富山大学理学部助教を経て、2010年『お台場アイランドベイビー』で第30回横溝正史ミステリ大賞を受賞し、デビュー。
  • オルタネート
    オルタネート
    加藤シゲアキ
  • 加藤シゲアキ かとう・しげあき 1987年生まれ。NEWSのメンバーとして活動しながら、2012年1月に『ピンクとグレー』で作家デビュー後、複数の作品を発表。20年3月には初のエッセイ集『できることならスティードで』を刊行。
  • インビジブル
    インビジブル
    坂上泉
    詳細を見る
  • 坂上泉 さかがみ・いずみ 1990年生まれ。東京大学文学部日本史学研究室卒。2019年「明治大阪へぼ侍 西南戦役遊撃壮兵実記」で第26回松本清張賞を受賞。同年、同作品を改題した『へぼ侍』でデビュー。
  • アンダードッグス
    アンダードッグス
    長浦京
    詳細を見る
  • 長浦京 ながうら・きょう 1967年生まれ。法政大学経営学部卒。2011年『赤刃(せきじん)』で第6回小説現代長編新人賞を受賞、12年同単行本でデビュー。

芥川賞・直木賞とは?

芥川賞・直木賞は、いずれも1935(昭和10)年に、作家・菊池寛が主宰していた文藝春秋社が創設した文学賞。菊池寛の盟友だった、芥川龍之介と直木三十五の名を冠した。1945(昭和20)年から一時中断したが、1949(昭和24)年に復活。上半期(7月中旬発表)と下半期(1月中旬発表)の年2回実施されている。

芥川賞とは、新聞・雑誌(同人雑誌を含む)に発表された純文学短編作品の中で、最も優秀なものに授与される賞であり、主に無名または新進作家が対象となる。

純文学の新人賞でありながら、第34回受賞作である石原慎太郎『太陽の季節』は、そのセンセーショナルな内容により大きな話題となり、以降、広く一般に知られる賞となった。村上龍『限りなく透明に近いブルー』、綿矢りさ『蹴りたい背中』、又吉直樹『火花』などの受賞時にも社会的なビッグニュースとして扱われ、いずれもミリオンセラーとなった。

第164回の選考委員は、小川洋子・奥泉光・川上弘美・島田雅彦・平野啓一郎・堀江敏幸・松浦寿輝・山田詠美・吉田修一。

直木賞とは、新聞・雑誌(同人雑誌を含む)または単行本として発表された短編および長編の大衆文芸作品の中で、最も優秀なものに授与される賞であり、当初は無名・新進作家が対象だったが、現在は中堅作家が主な対象となっている。

歴代受賞者は、山崎豊子、司馬遼太郎、五木寛之、宮部みゆき、東野圭吾、池井戸潤など、国民的作家とも言うべき錚々たる顔ぶれである。一方、推理作品、および日本の大衆文芸のなかで比較的歴史の浅いSF・ファンタジー作品の受賞は少なく、綾辻行人、北方謙三、小松左京、島田荘司、筒井康隆、星新一、横山秀夫など、未受賞の大物作家もいる。

第164回の選考委員は、浅田次郎・伊集院静・角田光代・北方謙三・桐野夏生・髙村薫・林真理子・三浦しをん・宮部みゆき。

本ページの内容は公開時点のものです。書籍の情報(販売の有無、価格、消費税込みか別かなど)について、予告なく変更される場合がありますので、購入内容確認画面においてご確認の上で、ご購入をお願いします。

BACK TO
TOP