働くということ 「能力主義」を超えて

働くということ 「能力主義」を超えて

勅使川原真衣

1,078円(税込)
クーポン利用で578円獲得へ
8

他者と働くということは、一体どういうことか? なぜわたしたちは「能力」が足りないのではと煽られ、自己責任感を抱かされるのか? 著者は大学院で教育社会学を専攻し、「敵情視察」のため外資系コンサルティングファーム勤務を経て、現在は独立し、企業などの「組織開発」を支援中。本書は教育社会学の知見をもとに、著者が経験した現場でのエピソードをちりばめながら、わたしたちに生きづらさをもたらす、人を「選び」「選ばれる」能力主義に疑問を呈す。そこから人と人との関係を捉え直す新たな組織論の地平が見えてくる一冊。「著者は企業コンサルタントでありながら(!)能力と選抜を否定する。本書は働く人の不安につけこんで個人のスキルアップを謳う凡百のビジネス本とは一線を画する」――村上靖彦氏(大阪大学大学院教授、『ケアとは何か』『客観性の落とし穴』著者)推薦!◆目次◆序章 「選ばれたい」の興りと違和感第一章 「選ぶ」「選ばれる」の実相――「能力」の急所第二章 「関係性」の勘所――働くとはどういうことか第三章 実践のモメント終章 「選ばれし者」の幕切れへ――労働、教育、社会

みんなの感想
ジャンル
ビジネス
出版社
集英社
掲載誌/レーベル
集英社新書
提供開始日
2024/06/17

この作品をシェアする

Xでポスト
閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】578円(税込)で購入できる! 6回利用可能

値引き額上限に達しています。

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/07/31 23:59 まで有効