首里城と沖縄戦 最後の日本軍地下司令部

首里城と沖縄戦 最後の日本軍地下司令部

保坂廣志

1,012円(税込)
クーポン利用で512円獲得へ

首里城地下の日本軍第32軍司令部の真実2019年10月の火災で焼失した沖縄・那覇の首里城。焼けたのは平成に再建されたもの。だが、首里城が失われたのはこれが初めてではない。民間人含む20万人もの犠牲を出した第二次世界大戦の沖縄戦では、日本軍第32軍が首里城地下に司令部壕を構えた。抗戦の結果、米軍の猛攻で城は城壁含めほぼ完全崩壊し、古都首里もろとも死屍累々の焦土となった。ならば、令和の復元では琉球王朝の建築だけではなく、地下司令部の戦跡も可能な限り整備、公開し、日本軍第32軍の戦争加害の実態と平和を考える場にすべきではないか? この問題意識から沖縄戦史研究者が、日米の資料を駆使して地下司令部壕の実態に迫る。◆目次◆プロローグ 首里城と沖縄戦第1章 第32軍地下司令部壕の建設第2章 米軍の第32軍地下司令部壕作戦第3章 米軍が見た第32軍地下司令部壕第4章 日本軍にとっての地下司令部壕第5章 首里城地下司令部壕の遺したものエピローグ 戦争の予感と恐れ

ジャンル
ノンフィクション
出版社
集英社
掲載誌/レーベル
集英社新書
提供開始日
2024/06/17

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】512円(税込)で購入できる! 6回利用可能

値引き額上限に達しています。

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/07/31 23:59 まで有効