化学物質過敏症とは何か

化学物質過敏症とは何か

渡井健太郎

990円(税込)
クーポン利用で490円獲得へ

潜在患者は1,000万人以上。それは、「●●●」な疾患!(答えは本書に)アレルギーだと誤診、喘息だと過剰治療、気にしすぎだと放置……。社会に誤解され、医療から無視されがちな“ナゾの病”がよく分かる!近年、全世界的に患者数が急増している「化学物質過敏症」。現在の患者数は約120万人で、潜在患者は1,000万人以上とも言われています。誰にでも発症の可能性があり、一度罹患すると日常生活や社会活動に著しく支障をきたすにもかかわらず、症状が多岐にわたるためアレルギーと誤診されたり、気にしすぎだと放置されたりしがちなのが実情です。本書では、この疾患の臨床および研究に第一線で携わる医師が、医学的エビデンスに基づいた最新の知見や治療法を解説。この“よく分からない疾患”の正しい理解、正しい受診、正しい解決へとつなげます!【目次】はじめに第1章 誤診・過剰治療の真実第2章 化学物質過敏症ってどんな疾患?第3章 合併しやすいアレルギー以外の疾患第4章 診断と対策第5章 診療現場の現状と問題点第6章 最新の研究事情とこれからおわりに

ジャンル
医学
出版社
集英社
掲載誌/レーベル
集英社新書
提供開始日
2024/06/17

この作品をシェアする

Xでポスト
閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】490円(税込)で購入できる! 6回利用可能

値引き額上限に達しています。

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/07/31 23:59 まで有効