凍る草原に絵は溶ける

凍る草原に絵は溶ける
New

天城光琴

950円(税込)
クーポン利用で450円獲得へ

ファンタジー界に新鋭誕生! 第29回松本清張賞受賞作。草原に額縁を立て、その中で演手たちが物語を繰り広げる──。山羊の群れを連れて遊牧するアゴールの民がこよなく愛する芸術「生き絵」。物語をつくる「生き絵師」のマーラは、若くして大役に抜擢される。だが、そこに突然の災厄が……。“動くもの”が全ての人々に見えなくなってしまったのだ。表情も動作も伝わらないという苛酷な現実を突きつけられるマーラは、農耕の国・稲城の街で、城を追われた奇術師・苟曙と出会う。もはや「生き絵」は無力なのか。アゴールの民の運命は?「文学という古今東西、広大な地図の上に“天城光琴世界”の芽は吹いた──。ファンタジー、SF、演劇ドキュメンタリー、ミステリー・サスペンス的な世界の反転、CG映画のような生き絵の描写──すべてが詰まった贅沢な一冊だ」 ──書評家・卯月鮎※この電子書籍は2022年7月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。※単行本『凍る草原に鐘は鳴る』を文庫化にあたり改題しました。

ジャンル
文芸
出版社
文藝春秋(文芸)
掲載誌/レーベル
文春文庫
提供開始日
2024/06/05

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】450円(税込)で購入できる! 6回利用可能

値引き額上限に達しています。

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/06/30 23:59 まで有効