自壊する欧米 ガザ危機が問うダブルスタンダード

自壊する欧米 ガザ危機が問うダブルスタンダード

内藤正典/三牧聖子

1,100円(税込)
クーポン利用で600円獲得へ
2

中東、欧州移民社会研究の第一人者と新進気鋭のアメリカ政治学者が警告!ガザのジェノサイドを黙殺するリベラルの欺瞞が世界のモラルを破壊する。もう、殺すな!◆内容◆2023年10月7日、パレスチナ・ガザのイスラム主義勢力ハマスが、占領を強いるイスラエルに対して大規模な攻撃を行った。イスラエルは直ちに反撃を開始。しかし、その「自衛」の攻撃は一般市民を巻き込むジェノサイド(大量虐殺)となり、女性、子供を問わない数万の犠牲を生み出している。「自由・平等・博愛」そして人権を謳(うた)いながら、イスラエルへの支援をやめず、民族浄化を黙認し、イスラエル批判を封じる欧米のダブルスタンダードを、中東、欧州移民社会の研究者とアメリカ政治、外交の専門家が告発。世界秩序の行方とあるべき日本の立ち位置について議論する。◆目次◆序 章 イスラエル・ハマス戦争という世界の亀裂 内藤正典第1章 対談 欧米のダブルスタンダードを考える第2章 対談 世界秩序の行方終 章 リベラルが崩壊する時代のモラル・コンパスを求めて 三牧聖子◆主な内容◆・パレスチナ問題での暴力の応酬と「テロ」・ガザから世界に暴力の連鎖を広げてはならない・ダブルスタンダードがリスクを拡大する・戦争を後押しするホワイト・フェミニズム・反ジェノサイドが「反ユダヤ」にされる欧米の現状・アメリカとイスラエルの共犯関係・ドイツは反ユダヤ主義を克服できたか・「パレスチナに自由を」と言ったグレタさんに起きたこと・反ユダヤ主義の変奏としての反イスラム主義・民主主義のための殺戮の歴史を直視できない欧米の問題・バイデンとシオニズム・トランプとバイデン・欧米がなぜか不問に付すイスラエルの核問題・誰がイスラエルの戦争犯罪を止められるのか?・「人殺しをしない」を民主主義の指標に

ジャンル
ビジネス
出版社
集英社
掲載誌/レーベル
集英社新書
提供開始日
2024/04/17

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】600円(税込)で購入できる! 6回利用可能

値引き額上限に達しています。

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/07/31 23:59 まで有効