戦争はどうすれば終わるか? ウクライナ、ガザと非戦の安全保障論

戦争はどうすれば終わるか? ウクライナ、ガザと非戦の安全保障論

柳澤協二/伊勢崎賢治/加藤 朗/林 吉永

1,056円(税込)
クーポン利用で556円獲得へ
2

憎悪か? 理性か?停戦の困難さから考える日本の国防政策。21世紀の戦争論!◆内容説明◆ロシア・ウクライナ戦争は泥沼化し、戦死者の数はふくれあがっている。戦闘の終わる気配が見えない中、中東ではイスラエルとパレスチナのハマスの間で新たな紛争が起きてしまった。いずれも歴史的な経緯と国民感情もあり停戦は困難、かつ終戦は遠い状況だ。そして欧米のウクライナ支援の延長で、「テロとの戦い」と称しガザで民族浄化を行うイスラエル支持に日本はまわっていいのか?軍事と紛争調停のリアルを知る専門家がふたつの戦争の背景や戦史をひもときつつ、停戦の困難さと可能性を多角的に分析。そして導き出された教訓をもとに、「非戦」という理念にもとづいた日本の安全保障のあるべきスタンスを提示する。◆主な内容◆第1章 ウクライナ戦争の終わらせ方を考える・戦争はどういう時に終わるのか・戦争の歴史から見た停戦と専守防衛・戦争は情報の相互作用である・即時停戦の必要性と実現可能性第2章 討論 戦争を理解できなければ停戦もイメージできない第3章 ガザの戦争・人道危機を考える・戦争の結果という視点から考える・まだ「名称」が付けられない「ガザ紛争」・厄介な戦争・誰がどんな形で停戦をリードできるか第4章 戦争を終わらせた後の世界に向けて・分断と戦い停戦を追い求める・システム論から見える停戦の難しさ・「三十年戦争」から見る戦争のやめ方・なぜ「非戦」にこだわるのか

ジャンル
ビジネス
出版社
集英社
掲載誌/レーベル
集英社新書
提供開始日
2024/02/16

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】556円(税込)で購入できる! 6回利用可能

値引き額上限に達しています。

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/07/31 23:59 まで有効