ぼくは青くて透明で

ぼくは青くて透明で

窪美澄

1,699円(税込)
クーポン利用で1,199円獲得へ
20

高校一年の夏、ぼくは彼に恋をした。「ぼく」(羽田海)は、血の繋がらない継母の美佐子さんと二人暮らしをしている。ぼくが高校一年の夏に、美佐子さんの仕事の都合で引っ越しをすることになった。前の町で美佐子さんが勤めていた印刷会社が倒産したのだ。幼いころは父さんと母さんがいたけれどぼくが六歳のときに母さんは家を出ていき、その後、美佐子さんと結婚した父さんもどこかに行ってしまった。勉強も好きじゃないし、運動も得意じゃない。いつか美佐子さんとも離れなくちゃいけない。そんなとき、「ぼく」は、転校先の高校で忍と出会った……。出会ってしまった。

ジャンル
文芸
出版社
文藝春秋
掲載誌/レーベル
文春e-book
提供開始日
2024/01/16

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】1,199円(税込)で購入できる! 6回利用可能

値引き額上限に達しています。

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/06/30 23:59 まで有効