一神教と帝国

一神教と帝国

内田 樹/中田 考/山本直輝

1,056円(税込)
クーポン利用で556円獲得へ
2

オスマン帝国の終焉から100年日本は「帝国」の智慧に学べ紛争と閉塞を生む「国民国家」の限界を超えるために第1次世界大戦後、西欧列強が「国民国家」を前提とし中東に引いた国境線。それが今なお凄惨な戦争の原因になっている。そのシステムの限界は明白だ。トルコ共和国建国から100年。それはオスマン帝国崩壊100年を意味する。以来、世俗主義を国是とし、EU入りをめざしたトルコ。だが、エルドアン政権のもと、穏健なイスラーム主義へと回帰し、近隣国の紛争・難民など国境を超える難局に対処してきた。ウクライナ戦争での仲介外交、金融制裁で経済危機に直面しても折れない、したたかな「帝国再生」から日本が学ぶべきこととは? 政治、宗教からサブカルチャーまで。ひろびろとした今後の日本の道筋を構想する。◆目次◆プロローグ 「帝国」をめぐる、新しい物語を探して 内田樹第1章 現代トルコの戦国時代的智慧に学ぶ第2章 国民国家を超えたオスマン的文化戦略を考える第3章 東洋に通じるスーフィズムの精神的土壌第4章 多極化する世界でイスラームを見つめ直す第5章 イスラームのリーダーとしてトルコがめざすもの第6章 日本再生のために今からできることエピローグI トルコに学ぶ新しい帝国日本の転生 中田考エピローグII 明日もアニメの話がしたい 山本直輝

ジャンル
学術・学芸
出版社
集英社
掲載誌/レーベル
集英社新書
提供開始日
2023/12/15

この作品をシェアする

Xでポスト
閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】556円(税込)で購入できる! 6回利用可能

値引き額上限に達しています。

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/07/31 23:59 まで有効