義妹にちょっかいは無用にて : 2

義妹にちょっかいは無用にて : 2

馳月基矢(著)

715円(税込)
クーポン利用で215円獲得へ
2

大平将太は美丈夫で、見る分にはいい男だと誰もが思う。その将太に好意を抱く娘が現れる――大店の娘・おれんが出血した姿で医家の大平家に運ばれてきた。聞けば、おれんは嫌な縁談を断ろうとしたことが元で自分の顔を傷つける癖があるのだという。不在の父や兄に代わって手当てし、優しい言葉をかけた将太の手を、おれんはなかなか離さなかった……。後日、弱っている人がいたら兄は放っておけないのだと告げた妹の理世に、おれんは何かを見透かすかのように不敵に笑うのだった。風雲急を告げる、義理の兄妹愛シリーズ第2弾!

ジャンル
歴史・時代
出版社
双葉社
掲載誌/レーベル
双葉文庫
提供開始日
2024/01/10

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】215円(税込)で購入できる! 6回利用可能

値引き額上限に達しています。

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/06/30 23:59 まで有効

同シリーズ